スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験場の講習で使われてるそうです

さだまさし~償い(カラオケバージョン)






本人歌唱

https://www.youtube.com/watch?v=MzNeMZqNwL4
スポンサーサイト

ジュリオでリハビリ

店開き

リハビリを兼ねて妻のジュリオのメンテをしました。


フマキラーパーツクリーナー

蚊対策は必須ですが、過去の経験でパーツクリーナーでも退治できました。
でも専用品の方がもっと良いだろうとフマキラーを用意。
ホントはキンチョール派だけどキンチョールは高い。
安いフマキラーなら湯水のように使えるけどキンチョールはそうはいかん。
ワコーズのBCジャンボのパーツクリーナーみたいなもんですな。


プーリー プーリーもちょっと気に入らんけど用意してないしまぁエエわ。


ウエイトローラー ウエイトローラーは段付きがひどかったので用意してた中国産に交換。


ベルト3ベルト

すり減ったベルトは明らかに中国産やろ?というやつに交換。
最近領空侵犯して自衛隊機の後ろに回り込むとかナメたまねというか、即撃墜レベルのことしとるから使うのも嫌やねんけど・・。


大変やったんはこのあと。
吐き気と意識がうつろな感じでフラフラ、身体がめちゃくちゃ熱いという状態になったんで車に飛び込みシートを倒してエアコン最強。

30分くらいで吐き気がマシになったので家に入り水を飲んで塩をなめて風通しの良い玄関横でダウン。
1時間半ほどして起き上がれるようになったんでガリガリくんソーダを食べ、汗もそうだけど冷却もかねてシャワー。
あがって30分ほどしたら復活しました。

明らかに熱中症ですね。
去年は暑さも寒さも知らずに快適な空間ですごしてたもんでw

ただダウン中に思い出したんですが、ベルトをはめる時に最初は向きを確認してたんですが、具合がよくなくてはめ直した時には
すでに意識朦朧だったんで向きが違ってるかもしれない。
曇ってて涼しくて風がある日に確認します。


                                     

                             007.gif






ここ最近でワロタ動画

こないだyoiutubeサーフィンしてたらRS750→SS750→SS500となってゆき、SS500の所では大阪の
ライダーズカフェMACHⅢ(マッハスリー)に行きつきます。
旧車好き、オートバイ好きが集まるカフェです。

きれいなSS750に乗られるそこのマスターが「ウザイ!」と評判。
その件で、大阪人なら皆見てる”探偵ナイトスクープ”という番組に調査依頼があったということで動画を見ました。


積もり積もったゴミを処分

t02200124_0800045013673410274.jpg t02200124_0800045013673411351.jpg t02200124_0800045013673411350ゴミ~~~~~




t02200124_0800045013673410791.jpg t02200124_0800045013673410790.jpg t02200124_0800045013673410789.jpg




ここ数日で片付けたゴミの山。
収集できないゴミは処理場に直接持ち込めば、キロ約57円で引き取ってくれます。(箕面環境クリーンセンター)
メインは積もり積もったオートバイ関係のゴミ。

ベスパの残骸、フレーム、ホイール、タイヤ、複数のエンジンや腰上腰下、補器類、フェンダにーにサイドカバー、カウル・・・
ケーブル類やハンドル、ブレーキディスクやキャリパー、グリップにレバー、オイル缶やケミカルに塗料・・・
あとはチャリ2台にスチール物置、ベニヤや波板、網戸にラック、物置の中の大量の皿や食器(お祝い品?)、ビニールプールやパラソル、ターフにコンロ、日用品のモロモロにオモチャ。

レンタカーの軽トラを2回借り、あとは自分の車で。
単身引っ越しをはるかに上回る物量。
結局何回行ったかなぁ?
あんまり多いので業者を疑われた。
ここで処理できるのはあくまでも市民の家庭ゴミ。
オートバイも原付なら可だが軽二輪以上はダメ。
ベスパは何ccか知らんけど原付って言うた。

軽トラは~6時間¥3800、~12時間¥4600と格安。
また箕面市の処理場は山の上にあり、駅方面から上がると滝や勝尾寺を過ぎたところ。
箕面の山は2輪全面通行禁止。
自分たちの時代は走りまわってたけど、その後に事故が多すぎて禁止された。

10回近く行った中でイキった車に出くわしたのは1回だけ。
みんなおとなしいわ。
っていうかワゴンが多い。
あとはどこのメーカーか判らんし名前も判らんいかにもハイブリッドっぽいやつ。
まぁやっぱ山は楽しい。
これがMT-09あたりやったらメッチャ楽しいやろな~。

処理場に着いたら受付横で一旦停止。
ここはカンカンになってて車両の総重量を計ります。
車を移動して用紙の記入。
あとは係りの者の誘導に従って分別して廃棄。
結構乗用車も多いけど、たとえば段ボール箱は指定の袋に入れてゴミの日に出すわけだけど、大きな袋だと値段が高い。
それにひと袋になんぼも入らんから非常に高くつく。
そんなんだったらここに来れば50円とか100円とか。

大型ごみは袋の代わりにシールを買って貼って出すんだけど、このシールも高い。
大きいゴミだと複数枚貼る。
こういう人はワゴン車なんかで持ってきてる。

帰りは行きと反対側の受付横に停車。
ここがまたカンカン場。
で、行きと帰りの重量差で廃棄物の重さを割り出す。
行きが1000kgの車が帰りは800kgだったらゴミの量は200kg。
掛ける57.14円が処理代。

なので帰りは施設内の石やブロックなどを拾って積んで置いたら安く済む。
ただし不法投棄はいけないのでその石やブロックを捨てに来ると結局は高くつく。

積年のゴミが消えてさっぱりしました。









1975

補正100-8小VANFIAM3連ホーンはZⅡ標準装備w補正100-7小パラララ



1975年の熊本は”やまなみハイウエイ”です。
当時全盛だったVAN。
VANのスイングトップ、コッパン(コットンパンツ)、ブレーバーで身を固めてます。

石津謙介氏が大阪市南区で創業した石津商店がVANの前身。
VAN設立後ドリズラータイプのブルゾンをスイングトップと命名。
以後この型のブルゾンはスイングトップが通名となる。

300px-VANブランドタグ


市販されてたスイングトップの襟の形はドッグイヤータイプが多くかった。
後年20代前半の時に2万数千円出して買ったバラクータのG9もドッグイヤーでした。

baracuta-g9-slimfit-coats.jpg

これはホント秀逸なブルゾンでした。
風を通さず暖かい。袖のフライスも柔らかくしっかり締めてくれる。
表地はきめの細かい織り目の上等な生地。裏地のタータンがチラっと見えるのがお洒落。
元々はゴルフウエアとして開発されたのだが当時はサーファーに人気があって、「タン」が人気色でした。
ゴルフウエアだけあってオッサンに良く似合うので今欲しいアイテムです。

戻って1975。
ズボンはズボンでパンツなんて小洒落た呼び方はしなかったが、なぜだか「コッパン」は言った。
綿パンでもなく、チノパンなんて語句は知らん。
コッパンで裾17センチが良かった。
ちなみにポケットは「立てポケ」がオシャレだった。斜めポケはイモ。

靴は白のスニーカーが良かったけど画像のブレーバーも流行ったなぁ。
ちょっとヤンチャな連中の間では定番。
ニュートラ(ニュートラディッショナル?)なるカテゴリーが生まれ、ニットのズボンにブレーバーが多かった。

アイビーと同時進行して流行してたヨーロピアン。
アイビーのスリムやストレートに対し、裾の開いたラッパズボン。
JUNが代表格のメーカーだったけど、デパートのバーゲン(当時はファッションビルなんてあんまり無かった)では
VAN,JUN、TACが常連で時々EDWARDが加わった。

アイビーファッションはすたれ気味の時期で、ヨーロピアンも勢いを失ってた・・・が。
世の若者が全員感化されたと自分は思ってる「傷だらけの天使」が放映されてたのがこの頃。
このドラマは我々若者に衝撃を与えた。
日本中が木暮 修と乾 亨になった。

亨(水谷豊)のようにポマード(やチック)でベッタリのオールバックにし、白いTシャツにスカジャン。
・・もやったし、何よりも修(ショーケン)のmen'sBIGIファッションがめちゃくちゃカッコよかった!

ぼちぼちと増え始めたファッションビルに入るショップ。
そんな中でデザイナーズブランドを扱ってる店で常時ウインドショッピング。
それまでは阪急ファイブの「五番館」でJUNなどを買ってたけど、アルバイトしてもらったお金を握りしめて富国生命ビル
の「三愛」でBIGIやムッシュニコル、グラスの服や靴を買う。
それらを身に纏ったら、身も心もショーケン!

kizudarake.jpg

オープニングのコレは全国の若者全員がやっただろう。
トマトとコンビーフ、牛乳を買ってきて胸に新聞紙を突っ込みむさぼり食う。
コンビーフのマズさに辟易するが我慢。
牛乳のフタを口で開けてググっと飲む。
BGMはもちろん傷だらけの天使。
間違っても綾部貴子(岸田今日子)の不気味なクラシックを流してはいけません。


あの日のひとコマ

補正100-7小 補正100-6小 補正100-5小

補正100-4小 補正100-3小 補正100-4小

これはたしか前年の沖縄
補正100-12小

笠かぶったヤツとサングラスのヤツがブレーバー

並川 山根 臼田 ワシ 山本







プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。