スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験場の講習で使われてるそうです

さだまさし~償い(カラオケバージョン)






本人歌唱

https://www.youtube.com/watch?v=MzNeMZqNwL4
スポンサーサイト

積もり積もったゴミを処分

t02200124_0800045013673410274.jpg t02200124_0800045013673411351.jpg t02200124_0800045013673411350ゴミ~~~~~




t02200124_0800045013673410791.jpg t02200124_0800045013673410790.jpg t02200124_0800045013673410789.jpg




ここ数日で片付けたゴミの山。
収集できないゴミは処理場に直接持ち込めば、キロ約57円で引き取ってくれます。(箕面環境クリーンセンター)
メインは積もり積もったオートバイ関係のゴミ。

ベスパの残骸、フレーム、ホイール、タイヤ、複数のエンジンや腰上腰下、補器類、フェンダにーにサイドカバー、カウル・・・
ケーブル類やハンドル、ブレーキディスクやキャリパー、グリップにレバー、オイル缶やケミカルに塗料・・・
あとはチャリ2台にスチール物置、ベニヤや波板、網戸にラック、物置の中の大量の皿や食器(お祝い品?)、ビニールプールやパラソル、ターフにコンロ、日用品のモロモロにオモチャ。

レンタカーの軽トラを2回借り、あとは自分の車で。
単身引っ越しをはるかに上回る物量。
結局何回行ったかなぁ?
あんまり多いので業者を疑われた。
ここで処理できるのはあくまでも市民の家庭ゴミ。
オートバイも原付なら可だが軽二輪以上はダメ。
ベスパは何ccか知らんけど原付って言うた。

軽トラは~6時間¥3800、~12時間¥4600と格安。
また箕面市の処理場は山の上にあり、駅方面から上がると滝や勝尾寺を過ぎたところ。
箕面の山は2輪全面通行禁止。
自分たちの時代は走りまわってたけど、その後に事故が多すぎて禁止された。

10回近く行った中でイキった車に出くわしたのは1回だけ。
みんなおとなしいわ。
っていうかワゴンが多い。
あとはどこのメーカーか判らんし名前も判らんいかにもハイブリッドっぽいやつ。
まぁやっぱ山は楽しい。
これがMT-09あたりやったらメッチャ楽しいやろな~。

処理場に着いたら受付横で一旦停止。
ここはカンカンになってて車両の総重量を計ります。
車を移動して用紙の記入。
あとは係りの者の誘導に従って分別して廃棄。
結構乗用車も多いけど、たとえば段ボール箱は指定の袋に入れてゴミの日に出すわけだけど、大きな袋だと値段が高い。
それにひと袋になんぼも入らんから非常に高くつく。
そんなんだったらここに来れば50円とか100円とか。

大型ごみは袋の代わりにシールを買って貼って出すんだけど、このシールも高い。
大きいゴミだと複数枚貼る。
こういう人はワゴン車なんかで持ってきてる。

帰りは行きと反対側の受付横に停車。
ここがまたカンカン場。
で、行きと帰りの重量差で廃棄物の重さを割り出す。
行きが1000kgの車が帰りは800kgだったらゴミの量は200kg。
掛ける57.14円が処理代。

なので帰りは施設内の石やブロックなどを拾って積んで置いたら安く済む。
ただし不法投棄はいけないのでその石やブロックを捨てに来ると結局は高くつく。

積年のゴミが消えてさっぱりしました。









あれから9か月・・・

先日3月8日に無事退院することができました。
ご心配いただいた方々の励ましのおかげです。
ありがとうございました。

昨年の5月に病気が判明した時は、前の年の11月に高倉健さんが亡くなった病気だというのが記憶に新しく、この先どうなるのか?と不安でいっぱいでした。
当然NETでググリまくりました。
最悪「死」ということも覚悟せざるを得ないとも思ってました。

辛い化学療法も何とか乗り越え、途中で想定外の肺病とも闘いなんとかここまで来れました。
化学療法の副作用、完全復活ではない肺の状態、ほぼ寝たきり生活による体力の強烈な衰え・・
ちょっと動いただけで「ハァハァ」状態というのは相変わらずです。
が、今こうして生きられてることに感謝せねばなりません。

病院では色んな人に出会い、また見てきました。
辛く苦しい病気と闘ってる方ばかりです。
皆さん「強い!」の一言です。

自分の病気の悪性リンパ腫には「完治」はありません。
治療終了後3年~5年再発がなければ「寛解」となります。
寛解とは、一応治ってるみたいやけど細胞レベルのことやし、再発も多い病気やからどないなるか判りまへんで~
というニュアンスのものです。

がんでよく用いられる「5年生存率」というのがあります。
治療を開始して5年後に生きてる確率です。
進行度とか型にもよるけど大ざっぱに50~90%
90%というのは1期の病状の場合。
1期でこの病気が判明するというのは通常まず無い。
判明した時点で2期~というのが普通。

まぁなってもうたのは仕方ないんで受け入れて過ごします。
それとがん保険は入っておくべきですね。
自分は入ってなかったことを後悔してます。
ではでは。

小市民の努力

13-102.jpg
430円×(2箱プラスアルファ/1日)=1000円


2年後には gf1770131849.jpg 大量の灰と共に72万円が消えている
 







20140310220159563.png こういうことをすると・・・

2年後には健康な身体と・・・

pic-color-EX-01.jpg






おぉ!こんなんまで横にあるやんけ!


・・となるわけです。
                                 
                  

                                



タバコ

喫煙歴は・・・43年くらいかなぁ。
昔はショーホー50円、ハイライト80円、セブンスターで100円だったのが今や430円前後。
ヘビースモーカーだった自分は最低2箱/日は吸ってた。
430円×2個=860円 
860円×30日=25800円
まぁこれで済まずに月にして3万円はタバコ代に消えてるだろう。

そこで100万円のバイク。
これを3%くらいの金利のローンで買うとなると36回すなわち3年で手に入ってしまう。
無理をせず分割回数を長期に伸ばしてもよい。

MT-09やCB650fが目の前にぶら下がってるのである。
もし病気が改善して禁断症状やこれまでの喫煙実績に負けて再び手を出して身体と財布を蝕むか、
いつまで生きられるかは別にして健康体の状態でオートバイライフを謳歌するか・・・。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。