スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリオでリハビリ

店開き

リハビリを兼ねて妻のジュリオのメンテをしました。


フマキラーパーツクリーナー

蚊対策は必須ですが、過去の経験でパーツクリーナーでも退治できました。
でも専用品の方がもっと良いだろうとフマキラーを用意。
ホントはキンチョール派だけどキンチョールは高い。
安いフマキラーなら湯水のように使えるけどキンチョールはそうはいかん。
ワコーズのBCジャンボのパーツクリーナーみたいなもんですな。


プーリー プーリーもちょっと気に入らんけど用意してないしまぁエエわ。


ウエイトローラー ウエイトローラーは段付きがひどかったので用意してた中国産に交換。


ベルト3ベルト

すり減ったベルトは明らかに中国産やろ?というやつに交換。
最近領空侵犯して自衛隊機の後ろに回り込むとかナメたまねというか、即撃墜レベルのことしとるから使うのも嫌やねんけど・・。


大変やったんはこのあと。
吐き気と意識がうつろな感じでフラフラ、身体がめちゃくちゃ熱いという状態になったんで車に飛び込みシートを倒してエアコン最強。

30分くらいで吐き気がマシになったので家に入り水を飲んで塩をなめて風通しの良い玄関横でダウン。
1時間半ほどして起き上がれるようになったんでガリガリくんソーダを食べ、汗もそうだけど冷却もかねてシャワー。
あがって30分ほどしたら復活しました。

明らかに熱中症ですね。
去年は暑さも寒さも知らずに快適な空間ですごしてたもんでw

ただダウン中に思い出したんですが、ベルトをはめる時に最初は向きを確認してたんですが、具合がよくなくてはめ直した時には
すでに意識朦朧だったんで向きが違ってるかもしれない。
曇ってて涼しくて風がある日に確認します。


                                     

                             007.gif






スポンサーサイト

シート張り替え 翌日

<翌日>

干してたウレタンも乾いて、カビキラーも吹いて張れるようになりました。

ジュリオ3 ジュリオ4
ジュリオ2 ジュリオ1

防水ビニールはコーナン袋をやめてラップを巻きました。
職人は使い込んだ竹のものさしでシワを取りますが、素人はコンビレンチのメガネ側です。
ウレタンが痩せてしまってるのと、恐らく張り地の縫製に誤差があるのとで、シワがどうしてもシワが残ります。
・・まぁこれは言い訳で熟練職人はうまいことやります。
とりあえず完成。

ちょっとゴソゴソ

この間バルタイを調整しようとしてゴソゴソしかっけたけど、のぞき窓から見るフライホイールのTマークが全然わからず、しんどくなってやんぴ。
なのでずっとこの状態を維持してますw

20160505_154328 - コピー

今日もクラブマンは面倒くさいので妻のジュリオのシートでも張り替えることにしました。

5221.jpg ニッパー、内張りはがし(改)、磁石

522 サンダーで削って先を尖らせてるので「改」                                                   
スマホカメラで頑張って後ボケを
演出

5224.jpg
今日の精いっぱいのグーです。
めっちゃ手がむくんでます。

5222.jpg 5229.jpg 5228.jpg

中国四千年の歴史の表皮は劣化が早い!
1枚めくったらもう1枚あった~!
前に上から張ってたんやった~!

5225.jpg 5226.jpg

痛い手でようやく剥がし終えたら出てきたウレタンはビチョビチョ。カビも生えててキショい!
とりあえず乾燥してカビキラー攻撃やな。

5227.jpg 5211.jpg

防水のために運送屋の必需品のストレッチフィルム、通称ラップ。
これを使おうとおもってたけど、ウレタン乾燥のため中断するので、シートのベースに被せたホームセンターコーナンのビニール袋。
おっ?これでええやん♪
ということで乾燥待ちとなりました。

たったこれだけ身体を動かしただけでかなり疲れました。
いつになったら治るんやろ?










免許証のこと

img_21.gif


なんかのきっかけに運転免許証の取得年月日を見ると・・・
平成3年になっとるやんけ~!
ほな昭和の時代から平成2年までは無免許か?
と気になって調べてみました。

画像の門真花子さん、他府県の人は流すか、??となるかと思いますが、門真(かどま)は運転免許試験場のある市の名称
です。
自分も含めて古い人は古川橋と呼んでました。
古川橋は試験場最寄りの京阪電車の駅名ですがいつの間にか呼び方が門真に変わってました。

で、左下に「二・小・原」「他」「二種」という欄がありますが「他」が一種自動車免許です。
普通、中型、大型には分かれておらず、一番先に取得した種別が表示されてるので、複数種を所持していて他の取得年が知りたければ試験場の機械で照会できるようです。

自分の場合ここが平成3年となってるのは、更新月の誕生日前に風邪で寝込んでしまい更新日を過ぎてしまいました。
救済措置でうっかりなどの更新忘れの場合はひと月以内なら講習のみで免許証を交付してあげます。
学科実技を免除するかわりに・・そのなにやw魚心あれば水心と言いまっしゃろ?www
ということで金を取られ免許証をいただけます。
そういうわけで平成3年に免許証は失効したが、新たに取得したということです。

ちなみに12桁の免許証番号の最初の二ケタは地域を表し、門真花子さんや私は大阪なので62です。
次の二ケタ(3桁目と4桁目)は初めて免許を取得した年月日を西暦で表してます。
門真花子さんの場合は94となってますので1994年がその日です。
で自分のを見てみると79。あれ?ちょっまてよーと考えたら1974年(のはず)に取った自動二輪のデーターが反映されてない。
試験場に問い合わせてみたら取り消しになった免許証は記載に反映されないらしい。
ただしその間の悪事(交通違反)の記録は残るそう。

そういや数か月前にコンビニ前に駐輪してたら僅かな時間の間に緑のオッサンに駐禁貼られてて焦ったけど、
緑のオッサンの駐禁の場合はきちんと銭を払えば違反点数は加算されないのを思い出し、ちゃんと払った。
昔なら放っておいて2度目の督促状でしぶしぶ払うか、それでも払わずに簡易裁判所交通分室からの呼び出し食らってやっとこさ払うとかでした。
でも今は夢のゴールド免許。
二輪の駐禁なんかで青にされてたまるか~!!

o0300040011941748943.jpg こっちもゴールド

※何かわからん人は「ビリケンさん」で検索

この差って何?

先日の 20160313_152232.jpg これ



ひと工程終えては疲れて放ったらかし状態 → 組み込む時にレバーでチューブを噛んでオーマイガー!

言い訳させてもらうと、とにかく身体中痛くて椅子に腰かけたまま背を起こしての作業になるんで隙間に手を入れて確認・・などできない。握力は無いし手のひらも痛い。

噛んだ穴が数か所あり、うちひとつは結構大きいのでパンク修理はあきらめて新しいのを買うことにする。
ほんでまた近所の南海部品に行ったらなんと品切れ。
そういやこの間買った時のが最後の1コやったけどすぐ補充されてると思ってた。

う~む、それならばと自宅から南海部品までと同じくらいの距離にあるホンダドリームに問い合わせると、さすがに90/90/18なんてサイズの在庫は無いようである。
数ある街のオートバイ屋に在庫を聞くわけにもゆかず、次に近いオートバイ部品屋を思い浮かべると・・・・
伊丹の軍行橋にあるバイクワールド(旧バイクセブン)か・・・。遠いな(片道7km)。
仕方なしにバイクワールドに向かう。

脱線するけどバイクワールドと言えば、昔ダイエーが元気だった頃にカー用品チェーンの「オートワールド」をチェーン展開していた。
4輪のタイヤ交換工賃無料が売りだったけど、店によっては場末の匂いがプンプンしていて、チェーン店特有のアホな値下げがあった。
ドが付くほど定番のナルディのクラシック・・やったかな?ラリー車がこぞって付けてたステアリング。
これが長期在庫だったために値下げされており半額以下の値が付いてたので速攻買ったことがある。
他店では普通に3万弱の値段で売られてるものである。
その後このチェーン店も含めて香ばしい香りのする店が軒並み閉まり、なんの魅力もない「自動後退」や「黄色い帽子」が生き残った。

その新生オートワールドに行き迷わずエレベータに乗り込む。エレベーター利用者はなぜか2割程度。
2Fに上がった正面に中古車がたくさん展示されている。
全体をざっと見渡すとキャンディレッドのCB750fourが視界に飛び込んできた。
値札は298万円。
外国からの逆輸入車のようで細部に至るまでピカピカである。
ネジ類などは新品に換えられていて、場所によってはヘックスが使われてる。当時あったんかな?あってもこの車両には使われてなかったやろと思う。
リムなどの再メッキの部分はメッキなんでしばらく持つだろうけど、細かいブツブツだらけのエンジンのフィン部分の塗装とか、バフ掛けで無理やり光らせたクランクケースやフォーク部分はしょっちゅう磨きが必要やろな。
まぁこれを298万で買う人は乗るより磨くのが好きな人やろけど。

でチューブ売り場に行き目当てのサイズを手に取り値段を見ると・・・ん?
1749円。
二度見したが1749円。
ひぇ~~~!高いやんけ~~~!南海では1176円やったぞーーー!
オフ車のようにハードチューブとかではない。全く同じダンロップ製の品。
この約600円の差は何やねん!
しゃーないから買ったけど・・。

ただ南海部品より規模も大きく、おそらくであろうけど商談日に「なんとかこの値段でお願いします」と泣きつく住友ダンロップのセールスに「あんさん、そんな値で仕入れたらウチの会社潰れまんがな・・」「この値が納得でけへんのんやったら井上さんとこに変えるまでや」と冷たく突き放すバイヤー。
・・・という情景が思い浮かぶ大企業が大阪の小さな部品屋さんを何とかここまで大きくしてガンバってる店より600円弱も高いんが気に入らん!

・・って思うのは大阪人だけかな?
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。