スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言

ラ・ブランシェ 旧ラ・ブランシェ


「うわ~、まだあるわ。懐かしいの~小川」

阪急今津線「逆瀬川駅」から川沿いの道を六甲に向いて少し行った「西山橋」バス停前にある喫茶店。

そう喫茶店だった。37年前は・・・

当時この店から少し上がった「逆瀬台」に住んでました。

同級生の小川がCB400fourで遊びに来て、自分のRS750と六甲のてっぺんまで競争しました。

東六甲を登って行って、甲山への分岐を過ぎるとタイトコーナーが増えてきます。

そのうちのヘアピンで小川がコケました。

路面に這いつくばってオイルの染みを捜し「これのせいや!」と力説してました。

このヘアピンは仲間内で「仁コーナー」と名づけられました。

小川が「笑福亭 仁智」に似てるからです。


山を降りて「高そうやけど話のタネに入ってみよか?」と写真の店「喫茶ラ・ブランシェ」に入りました。

高級応接セットのようなソファー、毛足の長いフカフカの絨毯。

店内に流れるクラシック音楽。

圧巻はトイレで広いは豪華だわですごかった。

コーヒーを頼み、テーブルに持って来た店員が去ると同時に伝票を確認。

「ひぇ~~~~~!」

当時喫茶店のコーヒーの値段は¥200くらいだったのに対し・・・・

何と¥600!!!!!

ラ・ブランシェ恐るべし!



あれから30数年。この間久々に前の道を通ったらまだ建物があった。

そこでつぶやいた独り言が冒頭の「懐かしいの~小川」

この友人小川は今年初め、長距離便の大型トラックで東京を走っていて信号待ち時に心不全で急死しました。

ほんの2日前”ディスカッション”と称し車の中での恒例の愚痴のこぼし合いをしてたとこだったのに・・。

泣きました。勝手にいくらでも涙が出てきました。

死後数ヶ月は死んだという事実を脳が拒否してました。

「今日はドコ行ってんねん?」とかメールしそうになって「ハッ」っと現実に気づかされたりしました。


ありゃ、話が変な方向に変わってしまった。

このラ・ブランシェは店名が変わりイタリアンレストランになったようです。

この先の宝塚ゴルフクラブのカーブの角にも当時は白いカフェがありました。

店の雰囲気はラ・ブランシェと共通の匂いがするので恐ろしくて入ったことはありません。


家から六甲山頂まで30分。

リッター10キロのオートバイでよく走ったもんでした。

現在は六甲に限らず、今の地元の箕面の山、となりの五月山、ことごとく2輪通行禁止になりました。

さんざん無茶をしてきたツケが回ったということだけど、当の本人たちは4輪に移行してるからやり逃げですね。


何かで読んだけど天国は自分が思い浮かべたものが具現化して、家でも何でも手に入るから争いは無いそうです。

自分が天国に行ったら小川を探し出してまたオートバイでツルんで走りますわ。

でも・・・閻魔大王の居られるトコに行く確立の方がはるかに高いかな?

スポンサーサイト

兵庫東部百景

兵庫東部百景 003「弥喜太亭」

宝塚や三田界隈に雨後の竹の子のように増殖中の店
全商品¥100!
サンドイッチなどの調理パンも全て¥100
フランスパンの上にイタリア~ンな食材をトッピングしたヤツなんか食べた日にゃ、¥100でセレブ気分                              


兵庫東部百景 001 尼にある旧車専門店

お客さんとの交渉で3万でも100万でも・・
以前にアップしたRDやHXを置いてた店




兵庫東部百景 004兵庫東部百景 006兵庫東部百景 005
三田で見かけた”中途半端旧車”の店

旧車と言えるのは510だけで、あとは単なるポンコツ
中古車の看板も風化してるし、事務所は廃墟みたいだし、無人だし・・
「ご自由にお持ち帰りください」だったら迷い無く510をGETだぜ!
でもコレってデラックスとかスタンダードみたいなグレードやな
やっぱSSSが欲しいわな



兵庫東部百景 002” ぶり大根”の大根

ぶりはすでに胃の中に消えました
しっかり味が染みてておいしかった



兵庫東部百景 008 御予約席

伊丹出張の際に是非どうぞ
煮えたぎったお湯割りの一気でポッカポカ







連絡事項

掲示板に書いてます。

「リンク」の項目の一番上にある「掲示板」をクリックしてお入りください。

好き嫌い

食わず嫌いという言葉があります。
「うっ!こ、これは」と視覚情報だけで脳が拒否してしまうんですね。
また実際に食べて、その時の印象が悪くトラウマになるケースもあります。

自分の場合納豆が代表格です。
子供の頃初めて口に入れ・・・
「うげぇ~!これ腐ってるんちゃうんか!」という思いをしました。
それ以来一切口に入れてません。
納豆以外の豆は好きで、いくらでも食べます。
納豆でもお菓子の甘納豆は別です。

その納豆に勝るとも劣らない地位に居るのがオクラです。
あのネバネバヌルヌルした食感がダメなんです。
これも過去に食して以来遠ざけてました
ました・・ということは今は食べられるということです。
それもつい先日から。

下で紹介させてもらった「Hana」の弁当の副菜に入ってたんです。
意を決して口に入れてみたら・・・
食べられました!
頭の中のイメージではもっと青臭い味と思ってたけど、カツオの風味?(何せ味覚音痴なんで違ってたらゴメンナサイ)が効いててすんなり食べられました。
今日のカレイ唐揚げ弁当の副菜にも入ってましたけど、ノープロブレム、モーマンタイでした!
やはり調理法で変わるものなんやと実感しました。

カレイ唐揚げ 2





ここからは特定の人に対しての質問になるんですけど、
カレイの横にちょこんと居てはった副菜は本日の別メニューの「豚のミソ炒め」だと思うのですが、あれってどうやって作るんですか?
ただミソを入れるだけ?
ミソ炒めなら王将で「ホイコーロー」を食べたことあるけど、王将のは中華の味付けということもあるんだろうけど、辛くて油っぽかった。
スマホでこのブログの全容を見たことないけど、「リンク」の欄の項目に「掲示板」というのを設けたので、もし見てくれててアクセスできるなら教えてください。
あれ、美味しかった。
カレイと両方味わえるから今日のメニューでカレイ唐揚げをチョイスした人は儲けもの♪
カレイ唐揚げ 3

宣伝

尼崎、道意町にある「手作り弁当の店 Hana」のご紹介です。

別に宣伝料もらってないけど自分が気に入ったので宣伝しちゃいます。



下記にある一部抜粋のメニューから一日2種類が決定されます。
日曜の夜にブログで1週間のメニューが発表されます。
また店頭にもメニュー表が用意されてますのでそれを見て購入作戦を練ってください。



ハンバーグハンバーグ        赤魚あんかけ赤魚あんかけ


中華弁当中華            buri.jpgぶり照り焼き


さんまさんま塩焼き            yakiniku.jpg焼肉

などなど。この他に何倍もの種類のメニューあり。

メインディッシュも当然美味しいけど、副菜に登場するパスタは絶品。
自家精米のご飯は大盛りもOK。
これに味噌汁が付いてワンコイン¥500!
是非お試しあれ!




西長洲 また西長洲や佃で移動販売もやってます。


臨港線「道意町6」を西行き「元浜」に向いてひとつめの角にあります。
11時~売り切れまで
近くの会社や通りがかりのトラックのお客さんで賑わっており、人気メニューの時は12時過ぎに売り切れることもあるのでご注意を!


伊丹 川西 自衛隊

伊丹にある陸上自衛隊駐屯地。
朝7時ごろのこの付近は”通勤”の自衛官でいっぱい。

徒歩、チャリ、オートバイ・・
全員が軍服(制服?)に身を包んでる。
女性自衛官の姿も多く見受けられる。

街にこれだけウジャウジャ居ると異様な雰囲気。
「有事か?」と思ってしまう。
警官がたくさん居ても恐怖感は無いが、自衛官(といっても見かけは兵士)がたくさん居ると恐怖感も沸いてくる。
何せ「暴○装○」なのだから。
敵地に単身潜入した内閣調査室の工作員の気分を味わえる。

その後、ハマーかメガクルーザーみたいな軍用車や「後方支援」と書かれたタンク車で、窓に肘を掛けた姿勢でどこやらへドライブに行く。

SAなどで休憩してる場面に出くわしても、「はたしてコイツらが国を守れるのか?」と思わせる雰囲気。
でも災害時にはものすご~く活躍してくれてる。
そういう意味では「戦闘力」に長けた他国の兵隊さんより「災害支援力」に長けてると思うので、これは自慢できる。



自衛隊




201111090838000.jpg

こんなとこもよく通るけど懐かしい人はいるかな~?

弁当屋さん 2

弁当屋さんHanaのオーナーさんがこのブログにアップされた画像を見て「いや~ん、モザイクかかってるやん~、別に顔出してくれてええのに~」と言うから顔出そうかな~っと思ったけど、他の二人のスタッフの人には許可もらってないし・・・
ということで
hana スタッフ3
これでどや?

ついでに昨日ウチのパシリが自分の代理で買いに行った時にド厚かましくも「買いに行った証拠」としてオーナーともちゃんの写真をパチリしたのがこれ。
tomocyan.jpg
やっぱり勝手に全世界に顔を公開するのは気が引けるので目線付き♪

けど、行った証拠って・・・弁当があるねんから行ったことは間違いないと思うんやけど・・・。

で、先日どうしても店の営業時間内に戻れなかった時の”ブリの照り焼き弁当”がこれ。
buri.jpg
未だに悔いが残る~!

それと少し前にあったメニューの”さんまの煮付け弁当”
さんま
スーパーの惣菜売り場の辛すぎるか甘すぎる味付けとは違い、京料理のような繊細な味付け。
実に美味しかった。


今日は確実に戻れそうだったので予約しておいた。
店に行った時に運送屋のニーチャンが弁当を買いに来た。
片方のメニューが売り切れて1種類しか無く、それで良いとのことだったんだが、「電話で予約しといたらええのに?」と声を掛けたら「昼時に戻ってこれるかどうかわからないんで・・」と言ってた。
うん、その気持ちよく解る。
「オレのブリ」が「オレのさば」が時間の経過と共に遠ざかってゆく侘しさ。

明日は”さわらの西京焼き”。
普段家ではお目にかかれないメニューだ。
明日は三田にある某家電量販チェーンの受け取り時間がキーポイントとなる。
すぐに取ってもらえれば昼に帰れる。
待たされたらHanaの営業時間に戻れないかもしれない。

某家電量販チェーンの尼崎のセンターはHanaのすぐ近所にもある。
そこも長時間待ちが当たり前。
いっそのこと倒・・・おっと、本音を文字にしてしまうとこだった。


弁当屋さん

尼崎の浜側には臨港線という通りがあります。
東西に走る道は山側から、山幹通り、R2、R43、臨港線となっており、いちばん浜側が臨港線です。
ここは大手の工場が多く、必然的に全国からトラックが集まります。
昼時になると移動販売の弁当屋さんも軒を並べ、トラック運転手や近所の会社の客で列を成します。
そんな中で固定店舗の弁当屋さんにお気に入りの店があります。
週間単位でメニューがあり、一日2種類の中から選べます。
だいたい肉系と魚系に分かれています。

自分は元々魚が好きな方ですが、弁当のおかずとなると肉より魚を好みます。
なもんで昼時はいつもソコを利用させてもらってます。
近隣の移動販売は弁当だけで¥500。
その店は味噌汁が付いて¥500。
味も自分に合ってます。
気さくな美人オーナーと美人主婦2人(今は移動販売で人が抜けるから3人かな?)のスタッフが心を込めて調理してます。

逃したくないメニューの時は電話予約を入れておきます。
でも予約しても昼時に戻れない時もあります。
先日から連続してそれがありました。
「さば塩焼き」「ぶりの照り焼き」を逃したのが心残りです。
今日は「さんまの塩焼き」だったんですけど、今日も昼に戻れないので同僚に買っておいてもらいました。
弁当購入のために仕事を急ぐ日々です。

そこのオーナーさんと話してたんですけど、どうもコンビニ弁当は好きになれません。
「これが食べたい!」というものが無いのです。
なもんで、並んでる商品の中から「これが一番マシかな?」という選び方をします。
そんな思いで買った弁当がおいしいはずがありません。
逆に「オレのさば~」「オレのぶり~」と必死になって仕事をこなし手に入れた時は至福の喜びw

ぶりはさすがに人気高だったようで早くに売り切れてしまったようです。
その日は昼時に間に合うかどうかわからず予約を入れてませんでした。
もうひとつのメニューの「ミンチカツ」しかなかったんですけど、そのミンチカツも自分にビンゴのモノでした。
スーパーの惣菜とは一味違う具の配合でした。

で、その店というのは臨港線沿いで道意線との交差点を西に少し行ったところにある「Hana」という店です。
米も契約農家さんから入れてるそうで、ご飯もおいしいです。
何よりも綺麗どころが作って販売してるから食欲がより増進しますw

hana スタッフ2美人主婦トリオ(?)


プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。