スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂道・・・やっぱりオートバイは速い 

新御堂筋。
1970年の大阪万博開催にあたって開通した道路。
信号無しのオールバイパスで、万博会場のあった千里と大阪キタを一直線に結ぶ主要幹線道路。
道路と並行して市営地下鉄及び北大阪急行電鉄が走る。

大阪市内から千里に向いて走り、中央環状線と分岐する千里インターを過ぎると上り勾配が強くなる。
立体交差下は上下線共に”サイン会”を催すことが多いので注意が必要。

サイン会を開催していないのを目視で確認すると一気に加速して坂を駆け上がる。
制限速度の60キロくらいからの中間加速になる。
自分は一つ目の出路、箕面船場で側道に出るから距離はおよそ1km。

SRX400はどんだけ頑張っても120から上はいかなかった。
3100ディーゼルターボのビッグホーンとほぼ同等。
これで一気にイヤになって売却した。

レガシィのGT Eチューンはグワ~っと伸びて天井無しに思えた。
でも当然ながらインプのそれには及ばない。

DAX改やATC70改のタケガワ88ccやスピード100のエンジン搭載時は、所詮4ミニはこんなもんだろ・・と言う感じ。

そうそう、アルトワークスのターボもスピードこそSRXに毛が生えた程度だけど、体感は鬼加速だった。

で、原付クラスを除いて最小排気量のCRM250。
二つほど落として一気に加速したら・・爽快。
排気量ゆえの最高速なのでそれ以上は苦しいけど、安~いお値段でGT-Rやインプ、ランエボの加速が体感できる。
ただ、R1などのバケモンには確実に抜かれる。
だからリッターバイクがいる時は後ろについて追いかける。
当然離れるが、リッターライダーにとっては離れ方が気に入らんだろう。
それでいい。

友人の所有するTDR80改ならもっと速い。
エンジンはCRMとほぼ同等のDT200WRのものが載ってるんだけど、何と言っても車体が軽い。
おまけに小さいのでメッチャ強烈。
大排気量車もビックリ。
山ではリッターよりはるかに速い。

んで、自然吸気軽四。
うひゃ~!100いかへん~!
やっぱりターボにしといたら良かったかな~。

いやいや、自然吸気・・自然・・ナチュラリスト、エコロジー・・
俺は自然を愛するエゴイスト・・いやエコロジストなんやー!・・と自分を納得させましたとさ。

でも回転計を見てたらいつも4000とか5000とかを指して、なんかオートバイに乗ってる気分。
普通車で高いギアだと3000以下だしディーゼルなんてアイドリングか?と思うような回転数だから、これからは速度計じゃなく回転計を見て気分を出そ~っと。
ちなみに4000rpmで約100キロ。それ以上はまだ知らん。
昔乗ってたZⅡが5速4000rpmで80キロ、5000rpmで100キロと、タコの千と百の位の倍が速度の目安だった。

そういう意味では過去の車で37レビンなんかはファイナルが確か4.300だったかな?
ローギアード気味なので楽しかった。
低く振ってるけどトップスピードもそこそこ・・というより充分だったからなぁ。
わずか1600ccの普通のカッコしたカローラがあれだけ速いと楽しいわ。
トヨタというよりヤマハの技術の結晶かな?





スポンサーサイト

ダイハツムーヴのこと

ムーヴの説明書を見てたら助手席下に秘密のボックス(?)があることを知りました。
引き出してみると・・・ん?何か入ってるぞ。

古い「抜け道地図」とティッシュ式ガラスクリーナーのカス。
クリアファイルに挟んだ浜崎あゆみがモデルのパンフ数枚。
ふ~ん、前のオーナーあゆが好きやったんや。
おっ?これは何や?

簡易収納ケースに入ったCDが10枚くらい。
「おお!ラッキ~♪」
で、中身は?・・・

ニコンのロゴと浜崎あゆみがプリントされたCD。
「何じゃこれ?こんなもん要らんわ」
次からは音楽CD。
「お?誰のかな~♪」

大黒マキ・・倉木まい・・椎名りんご・・
「げ~、こんなん要らんわ~」
モーニング娘ベスト・・
「女ばっかりやな」
そしてB’z。
おお、やっと聞けるのが出てきた。

大黒マキも椎名りんごも1曲しか知りません。
倉木まいは聞けば「あっ、聞いたことあるな~」と思うだろうけど全然知らん。
モーニング娘は何曲か知ってるけど特に聞きたいと思わん。

結局使えるのはB’zくらいか・・。
ま、コレを機に大黒とか倉木とか聞いてみるか。

んで何故説明書を見たかというと、オーディオが純正からカロッツェリアに変えられてる。
FEDERを調整してもリアスピーカーが鳴らない。
リアドア左右にスピーカーのブツブツの穴のカバーは付いてる。
ネットで知ったけど軽四はリアスピーカーが付いてないものが多いらしい。
取り付け場所や配線は引いてあるらしいけど、「スピーカーは自分で買って付けなはれ」ということらしい。
ドアの内張りをめくってスピーカーの有無を確認しようと思ったけど、「どうせ無いやろ」と面倒臭いのでやめた。

あと、ハンドルが細くて握りにくいので数年ぶりに”自動後退”に行った。
ネット界ではオートバックスのことを自動後退というようだ。

自分の買い物では数年ぶりだけど、去年トラック野郎の友人がナビを買うのに付き合って行ったな。
最近の品揃えはすごいな。
色んなものがある。
客で溢れかえってるし儲かってしゃーないんやろな。

元々嫌いだったハンドルカバー。
でもそういったものを受け入れる自分は変わったんやな~と思う。
年を取ると着るものを筆頭に”見てくれ”に無頓着になる。
若い頃はクルマを乗り換えたら、ハンドル、ライト、ホーンの交換は必然だった。
ちなみにムーヴのホーンは単音の「ピー」というなんとも情けない音だったので手持ちのホーンに付け替えてます。

それにしても軽四の運転は難しい。
運転というより駐車かな。
助手席に腕を回して振り返ってリアウインドゥ越しに後方を確認すれば問題ないのだが、普段のクセと振り返るのが面倒臭いのとで左右バックミラーでバックする。
ミラーに写る後方の風景と運転席のサイドガラス越しに見える風景で「こんなもんや」と停止するとクルマ後方のスペースが大きく開いてる。
軽四の小ささに馴れんとあかんな。



<番外 御堂筋のこと>

こぬか雨降る御堂筋、心変わりな夜の雨・・・
かのベンチャーズが作曲した欧陽菲菲の名曲ですね。

梅田新道、本町、心斎橋と地名が出てくる。
推測では梅田から歩き出し本町、心斎橋と南下して、まだ南に歩くということだから難波までは歩いたんだろう。

梅田~難波は地下鉄で10分ちょい。車だともう少しかかる。
歩けば1時間くらいかかるだろう。

そんな御堂筋の12月の風景がこれ。

御堂筋1
御堂筋4


見事にルミナルエ化してる。
電力の無駄使いであるがクソ寒い中歩道を歩く人が大勢居た。
新しい知事や市長。
すでに市長の方はマスコミを賑わしてるなぁ。
さぁ、大阪がどう変わるか?


12月15日の出来事

みぞれ

うわ~寒い思たらみぞれ降ってきたやんけ~!



ひょう

ゲッ!バチバチいう思たらひょうになりよった~!



ゆき

おぉ!雪に変わった~!



6vワーゲン

お?6Vワーゲン?と思ったけどよく解らんかった。




じえいたい

自衛隊駐屯地の近くでは朝の通勤時間(?)になると徒歩、チャリ、二輪などで辺り一帯自衛官だらけになる。
制服(軍服)も欲しいが着て歩かれへんからリュックが欲しい。
みんな防寒着は着てないが、きっと機能的で丈夫なんだろな。
MA-1もボロボロになったし基地に潜入してパチってこよかな?
でも立番のヤツ、銃持ってるしな~。戦車もあるし・・。

乗り換え~

260馬力から58馬力へ・・・


MOVE 003



ちょっと前のネタでTSレースを話題にしたけど、当時のサニーやスターレット、シビックなどの馬力は百数十馬力だった。
もちろん同じ数値でも市販車のそれとは全然違うがビックリするような数字ではない。
後にバイオレットターボが発表された時の300馬力にはビックラこいたもんだった。

数字だけで言えば現在の高性能市販車はその上を行ってる。
進化競争してた2台やGT-R、でかいオッサン車・・・

たしかにパワー、トルクが大きければ乗りやすいし楽しい。
だがその代償として維持費が重くのしかかってくる。

・・で、前に言ってた軽四。
昨日引き取ってきました。
往路はレガシイに乗って行ったのですが、さすがにアクセルに足を置いただけですぐに100キロ。
勢いのいい発進も四駆特有の「押して引っ張る」ような体感。
でも燃料ゲージも勢い良く下がるし~。

復路はのNA660cc3気筒のマシン。
出足はかったるいわ、中間加速もかったるいわ、トップで伸びひんわでストレスゲージは上昇。
でも燃料ゲージはあまり下がらん。

今回のコンセプトで

①移動手段としての乗り物と割り切る

②何が何でも燃費と維持費優先

③遅いクルマに乗って違反や事故の確率を減らすと共に、速い乗り物に乗るとすぐ熱くなってしまう体質改善

といった3項目があるが、3番目は自身の命や他の人やモノを巻き込む可能性もある。
衰えた視力、動体視力。反射神経。

”老年”と言われる年齢に近づいてることを自覚して遅いクルマに慣れるようにしよう。
そう、人間というものは「慣れ」→「飽き」という構造になってる。
CRMに初めて乗った時は「ウワ~、メッチャ速いやんけ~!」と思ったが、今では慣れてしまって物足りない。

今は「かったるい乗り物」だけど、これに慣れたら「クルマというもんはこんなもんや」と納得できる日が来るはず・・だけど・・他の普通車や軽のターボも走り回ってるからな~。
ガマンできるかな?





MOVE 002ライトはオッサン御用達のHIV・・いやHID



MOVE 004リアは横開きなので雨の日には不便



MOVE 011可愛らしいバッテリー♪財布にも優しい



MOVE 015オッサン達が若い頃にあこがれたGOODYEAR


MOVE 006コンポの操作が解らん~!ベンチシートで足元広々♪



MOVE 007後席は25センチだったか30センチだったかスライドできてゆったり



さすがに横方向は狭いが天井が高いのと、フロントガラスとの距離があるので以前アルトワークスで味わったような圧迫感で息苦しくなることもない。
このクルマは3気筒で、ターボモデルに4気筒がある。

でも逆にツインかシングルを出して欲しい。
660単気筒・・・
ドッドッドッドッドドドンドドドン
ええでぇ~♪




<番外>

懐かしい所を通りかかったもんでパチリ(有馬富士)

MOVE 0013日前



arimafuji014moza.jpg7年くらい前







欲しかった車と現実

<欲しかったシリーズ>



サニー1200GX-5う~ん、乗りたかった~


ハコスカ当時も夢だったけど、今も夢のまま


フェアレディGT-Rより運動性能は高いけど、カッコは240ZGがエエなぁ


117クーペX・・何やったっけ?ハンドメイドのやつ、あれがエエ


スカイラインGT-R重くなったけどコッチのRもエエなぁ~


ギャランFTOコンパクト、LSD、オーバーフェンダー・・レビンのライバル


ギャランGTO GSRヒップアップがしゃれてた。GSRか?MRか?う~む悩む

セリカLBダルマセリカも良かったけど、やっぱLBやな2000やし


ランサーターボ四角いのはエエ。当時は少数派のターボやし




<現実>



KP47

これのモスグリーン。足回りが固めてあった。
後にタコ足と50パイマフラーで150は何とか出た。
レースでやったDOHCを出して欲しかった。
コンパクトで素直な操縦性のFRだった。


TE37

TE27よりパワーダウンし重くなったがじゃじゃ馬っぷりは健在。
200は余裕で超えた。
ZⅡの時と同じく仲間内の同車種で一番速かった。
今思えば1750とかになってたのかも?
谷に落ちてお別れとなった。


KP61

これの黄色。ラリー車を友人から購入。
ダートラで転倒して中破するが直して乗ってた。
軽快な操縦性で気分はオベ・アンダーソン。


TE71

今度はノーマルで普通に乗ろうと決めたが、やはり少々速い車が良くて当時国内ラリーでワンメイク状態だった71の4ドアセダンにした。
明らかに37よりおとなしく、普通に乗ってても面白くないので乗り換え。
やっぱりレビンやGTはラリー車がエエ。


KP61

乗り換えたけど、結局ノーマルで乗ってた。
1300で経済的だし、キビキビ走るし、コンパクトだし・・で良いクルマだった。
これまでは全て中古車。

この後結婚を期にマークⅡに乗り換えた。
ここまでは全てトヨタ車。
次がビッグホーン。
この2車は新車で購入。

車検毎に新車を乗り継げる人は良いが、5年も6年も乗り続けてたら300万もするようなクルマが2~30万の下取り価格になってしまう。
ビッグホーンの時はディーゼルの排ガス規制も絡んだので尚更。
バカらしくなってその後はまた中古。

その後アルトワークス、クラウン、レガシィと続く。
現在のレガシィは仕事の絡みでチョイスしたけど、仕事も変わり普段はオートバイばかり乗るので車検が切れてから放置状態。
でもやっぱりクルマが無いと不便を感じることと、何よりも冬のオートバイは寒い。

ということで中古の軽四を買うことにした。
軽四のランニングコストの低さは素晴らしい。
では何が良い?で悩んだ。
軽四なんてワゴンRしか知らない。

で選んだのが・・・
今週土曜日に引き取りに行く予定なので来たら発表~・・と言うほど大層なもんでもないけどw











トヨタの掟破りの禁じ手?でふと思ったけど・・

OHVよりOHCの方が効率が良く、パワーも出せるのは周知の事実。

プッシュロッドでバルブを動かす構造は言わばレシプロエンジン。
カムでバルブを動かす方はロータリーエンジン。
今の原動機のほとんどがOHC(ダブル含む)。

ならば何故ロータリーエンジンはもっともっと普及しなかったのか?
理屈はよう解らんが燃費の悪さか?
生産のコストはどうなんだろう?
ロータリーエンジン搭載車が特別高いわけでもなかったのでレシプロと同じくらいなんだろう。

それとチューンされたロータリーエンジンがレシプロに較べて格段にうるさいのは何故?
ダートラのCⅡクラス、Dクラスのロータリー車はメッチャうるさかった。

素朴な疑問でした。

トヨタのこと

2.jpg



えっ?トヨタって軽作ってたの?知らんかった~。

前を走る軽四。
後部には間違いなくトヨタのエンブレム。
よくある「GT-R」とかのエンブレムを貼り付けてるのか?とも思ったが・・。
ググってみると子会社であるダイハツからのOEMなんですね。
中身はダイハツでもマークがトヨタだと信頼性が上がるような気が・・・。


トヨタと言えば「トヨタかんばん方式」が有名。
昔勤めてたジーンズメーカーの工場もこれを取り入れてました。
経営者たる者は極力無駄を省き効率アップを望む。
セコく生きなきゃ会社は大きくならない。


効率アップ?セコい?・・んでトヨタ?

この三つのキーワードで頭に浮かんだのが昔のTSレース。
B110勢に苦汁を舐めさせられてたトヨタがやったことと言えば・・・

そう、KP47スターレットのDOHC化!

OHVの効率化に試行錯誤し、結論が「構造をかえてしまうんだぎゃ」「同じOHVではサニーに勝てんでよ」
と姑息な手段に出た。
結果いくつか勝ちを収めるが素性が良く熟成されたA12エンジンは手強かった。TSレース

片や高回転が不利とされる”棒”の付いたエンジン。
一方はカムが二つも付いたエンジン。
優劣の差は明らか。
でもモータースポーツっていうのは良く出来ていてパワーがあれば良いってもんじゃない。
シャーシや足回りの熟成度も大きく関わってくる。


トムススターレット、クワハラスターレットがあまりにもカッコ良かったので後にKP47を購入するが、市販車は所詮1200のOHV。
高回転の頭打ちが早かった。
一時友達にもらったB110サニーにも乗ったけど、こっちは同じOHVでもモーターのように回った。
でも4ドアセダンだったし青メタの色だったので短期間で返した。

それとTSレースではサニー、スターレットに混じってシビックも走ってた。
当時の市販車のオレンジのシビックRSは欲しかったなー。
乗る機会が無かったけど、乗ってたやつ曰く「メッチャ速いでぇ~」とのことだった。


姑息な手を使うトヨタ、車輌開発の理念は良いが営業面で弱い者いじめをするホンダ。

でも気が付いてみると所持した四輪の9割がトヨタ。
二輪はホンダ。

やっぱりクルマはトヨタ、オートバイはホンダやなぁ~w


田舎、ミゼット、R360クーペ・・・

兵庫東部 011西宮山口の会社の駐車場でミゼット発見!


2時間後に通りかかったら・・・・


兵庫東部 012奥に隠れてたのはマツダの名車「マツダR360クーペ」

レストア後に再塗装されてるのが残念(?)
やはり隣のミゼットのような水色や色褪せたベージュが似合う

ここの社長の趣味かな?R360クーペ、ほし~な~





兵庫東部 009池の中に木がいっぱい生えてるがな~@三田

大阪ではこんなトコ無い!





兵庫東部 017ちょい古とかなり古@川西

古さが増すほど値段もお高くなるようで・・
乗用車から撤退したいすゞの乗用車は貴重?
当時ジェミニのZZ-R欲しかったな~





兵庫東部 002夕焼け空が綺麗だった@東大阪





兵庫東部 001やっぱWERAは良い!

ダイヤモンドチップがしっかり食いつく
奥の2本はKTC
固着したネジをPBのドライバーでチャレンジするもギブアップ、ヴェラを持ち出してなんなく解決





GTロマン言わずと知れた、西風氏の漫画

乗り物好きの男にとってはまさに”ロマン”
浜松といえば、大庭先生の歯科がある(はず)
いかにカフェロマンのマスターと言えど、タイヤが1本無くてもSSでトップタイムをたたき出す大庭先生には適わんだろな・・





KTM.jpgやっぱKTMはエエなぁ~@伊丹

KTMやハスクはとても手が出ん!
WRも手が出んし、古いDTやエルシノアやハスラーも手が出ん!
唯一欲しい原付のZ50Mはメガ手が出ん!
トミカなら手が出るでぇ~



























               
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。