スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拾い動画




この動画のコメントにあるように、選曲とテロップの勝利ですね。
この動画に映る投稿者の風体、投稿者の他のアップロードを見て”オタク”っぽい人だと想像します。
タイトルに「・・・・逃げてみた」とあるが、こんなオチだろうと思ったw







何やらガラの悪そうな一団がノーヘルで(合法)走ってる。
今は疎遠になってるけど、ATCにハマってた時の仲間。
この中の半分ほどは現役消防士。
やはり本能が赤い車に乗ると速く走らせようとするのか?







定期的にオフ会をやってた木津川河川敷。
ATC250R(この車種のエンジンはCR250と同じものが搭載されてる)数台、TDR80改(TDR80の車体にDT200WRのエンジン)、ボクのノーマルCRM250で競争した時にこの土手を登って道に出た。
登る時フロントがちょっと浮いてしまって、ちょっとビビったのは秘密だ。

ATC250Rは39psだけど低圧の太いバギータイヤが駆動抵抗になる。
CRM250は40psでATC250Rよりカタログスペックでは1馬力のアドバンテージがある。
でもあちらはレーサーのエンジン。
また、あいつらチャンバー換えとるし~。
35psと馬力的に一番低い(あくまでもカタログデータ)DT200WRのエンジンだが、ただでさえ軽い車体に搭載されていてCRMより速いとされてるのに、これをミニバイクに積んでるんだから推して知るべし。

結果はTDRの圧勝。
CRMとATC250はほぼ引き分けだった。(抜けた250Rも居たが抜けないヤツも居た)







































スポンサーサイト

↓ 下の UK WILD CATS CAFE で訂正と補足    

まず、文面にある「ヘルス・エンジェルス」

今日の朝、間違って書き込んでたことに気づきました。

「地獄の天使たち」だから、「~の」は「ス」じゃなくて「ズ」ですね。

mantaro's ・・みたいな。


もうすでにツッコミコメントをいただいてますが、その方は「健康な天使」と誤解してたとありましたが、
これは健全な精神を宿した人の解釈です。

自分は間違いに気づいた時、「ヘルス・エンジェルス・・・ヘルス・・風俗・・風俗の天使たち・・
これやったら風俗嬢のことやがな~」と考えました。

「ズ」と「ス」の濁点ひとつの違いで
袖の無いGジャンや革ジャンから突き出た大木のような腕。
一面に金髪美女とかドクロマークなどの刺青が入ったイカツいオッサンたちか、
エロ~いおねえさんかの違いが生まれます。


それと「UK」の意味はHPに載ってました。
普通UKと聞くとユナイテッド・キングダムと思ってしまいますよね。
Kがケンタッキーとは思いもしませんでした。

アメリカの大学といえば「UCLA」が真っ先に思い浮かびます。
というか、他がすぐに思い浮かばないんですね。

以前UCLAを案内してもらって学生食堂に行った時、清算時にえらい旧式の「おつり払い出し機」を使っていました。
ポンプ式の井戸の汲み上げの機械をコンパクトにしたような感じでした。

黒人のおね~さんが操作して「チャリンチャリン」とおつりを出してくれたのを見て思わず「グレイト!」と叫んでしまい、従業員のおね~さん連中に大うけしてました。

話が逸れてしまいました。
HPに載ってたUKの説明文です。


UKとは・・

UKとはUnivercity of Kentuckyの略だ。

UKカフェの名前の由来は、オーナーが当時留学していたケンタッキー大学に由来し、

WILDCATとはケンタッキー大学のマスコットキャラクターだ。

そんな誰よりもアメリカに想いが強いオーナーが1980年に作ったカフェがUKカフェだ。




UK WILD CATS CAFE

uk wild cats cafe



今日R171を西宮から伊丹に向いて走ってたらアメリカ~ンな店を見かけました。
横に来てから気づいたので詳細はわからんけどLAの郊外にあるような、映画に出てくるような店に見えました。
ただ店名はハッキリと「UK WILD CATS CAFE」と確認できたので、「UKならイギリスか?イギリスは行ったことないけどあんな感じなのかなぁ?」と思ってました。
交通量の多い片側2車線の国道なので引き返して見に行くのもダルいので帰ってネットで検索しました。

http://ukcafe.net/slideshow/nishinomiya.html

やはりアメリカ~ンな店のようです。
駐車場から店内に入ろうとしてたお客さんは”イージーライダー”のような雰囲気の人が居ましたが、駐車場に止まってるクルマは皆普通の”面白み”のないクルマばかりでした。
平日の昼間ということなのでしょう。
きっと夜や休日は”ヘルス・エンジェルス”みたいなのが集まることでしょう。

飲食の内容はモロにアメリカ~ンな感じでボリュームたっぷりで安いようです。
味は・・どうなんでしょう?アメリカ料理は大味と言いますけどね。
実際アメリカで色んなものを食べたけど、まずいと思ったことは無かったなぁ。
やっぱり味音痴なのかなぁ?

結構な敷地面積で大物小物のディスプレィにも金がかかってるようなので、店の存続のためには料理も美味しいものを出してると想像します。

HPにメニューが載ってますが、見た目だけで言うといかにもアメリカらしい(?)質より量という感じがしないでもありません。
イタリア~ンなプロ料理人さんや、おフランス料理人さんにはどう映るのかな?

リーゼントにスカジャン、ポニーテールにフワフワのスカート。
ボウリングシャツもいいけど、やっぱり金髪リーゼントにリーバイスの501、白のヘインズTシャツにマクレガーの赤のスィングトップやな!スニーカーはコンバース。

501は今も穿いてるけど、これは33インチというサイズがある。
へインズのTシャツもXLというサイズがある。
コンバースも26.5はある。
しか~し!マクレガーの赤のスィングトップにXL、3Lって無いやろな~。
スィングトップ自体国産では作ってないやろな。
ならばアメリカに渡って古着をGETせねばならぬ。
向こうのサイズだとLでいけるだろう。

メタボのジェームス・ディーン・・・


サンデーメカニック

週に1度づつしか乗らない車とオートバイ。
オートバイに至っては月曜に会社に乗ってゆき、週末の土曜日に乗って帰る。
その間ずっと雨ざらし放置。
通勤用に嫌いなスクーターでも欲しいところですわ。

車はほんのちょい乗り程度の使用。
こちらもほとんど必要無いけど無かったらやはり不便。

その車の方だけど、乗り降り時や走行中に時々「ギシギシ」というか「ギコギコ」という異音がする。
車高調のサスでよくある異音のようである。
またスタビライザーのブッシュかも知れない。
上記のようにあまり乗らないし、常時じゃないので無視してたけど気になりだしたら気になる。

音を気をつけて聞くと後ろから鳴ってる。
ならばやはりバネか?
以前のレガシィは車高調のサスが入っていてフロントのバネが線間密着してた。
またアッパー、ロア共にバネを受けるマウントラバーが無いのでそちらも異音の元となっていた。


今回のムーヴのリアサスは最近のFF車に多いトーションビーム式を採用している。
構造が単純なので「面倒臭いな~」と思いつつ重い腰を上げた。

MOVE 026



バネを外しアッパー&ロアマウントラバーを見てみると特に劣化は見られない。
MOVE 029


となると線間密着か?
う~ん何かゴムのモノあったかなぁ?
自動後退(オートバックスと読みます)などに行けばソレ用のゴム製の製品を売ってるが、バネ1本分で千円以上するはず。
そんなバカなものは買えないからコーナンに走ってビニールチューブを買ってきた。
オートバイのフューエルホースなどに使う耐油の切り売りのやつでメーター¥290。
ちなみにシリコン素材だとメーター¥750!

MOVE 030これで充分


でバネに通そうとしたら少し径が小さかったので切り込みを入れて巻くようにして取り付け。
固定は”困った時のタイラップ”。
どうせ見えないところだから見かけは気にしない。

MOVE 032こんな感じ


各マウントラバーにグリスをたっぷり塗り(シリコンが良いけどシリコングリスはモリブデンやリチウムの3~4倍の値段がする)、バネの線間の狭いところにも塗り々。
で元に戻す。

MOVE 034

MOVE 033

ジャッキアップを解いた時にギコギコ言ってたけど、馴染めばマシになるだろうと思い込むことにする。
あとマフラーを吊ってるゴムブッシュもキコキコ言ってたのでグリスアップ。

最近は物忘れが多いので外したネジをちゃんと締めたか再確認。
前にCRMでタイヤ替えた時リアアクスルを仮締めのまましばらく走ってたことあるもんね~。
元々脳細胞数が少ないのに歳と共に益々減ってる今日この頃。


シングルやツインの”ドコドコ”音。
マルチの”ジュィ~~ン”。

マッハやDX、GTなどの2ストマルチの”ギャンギャンギャン”。
チャンバーとサイレンサーを換え、尚且つサイレンサーのグラスウールを抜いた2スト単の
”パパンパンパン”。

ハコスカRのいかにもDOHCでっせ~という感じの乾いたエンジン音。
昔の2-TGの音。
スーパーカーのV12気筒音。
虫の羽音のようなF1の”プゥ~~~~~~ン”。


どれもこれも好きな音。
でも何か足らない。
そう、”キーン”という金属音が足らないのである。
ジェット機の”キーン”と”グォオオ”が融合したド迫力の大音量。

↓のレースカー。
動力は市販車と同じということだから、日産リーフに乗ればあの音が手に入るのか?
電気自動車の構造は全然知らないが、エンジンルーム?モータールーム?動力室?に消音対策でも施してるんだろうか?
レース車輌との違いはガラだけ。
施されてるであろう消音材を取っ払ったらあの音が出るのか?

街でたまに見かける三菱の軽の電気自動車なんて、こっちも走ってたら無音やけどなぁ。
あれじゃつまらんわ。
ハイブリッドなんかにしてもステルス状態は危ないから音を出すようにしてるようだけど・・。
いずれにせよ、ジェットエンジンじゃなくて電気だけだから迫力には欠けるが、あの”キーン”は欲しいな。

ところで世の中に電気自動車が普及してきたらカメラ業界のように家電メーカーも進出してくるのだろうか?
といってもカメラと違いボディやシャーシを家電メーカーが作ることは不可能だから自動車メーカーと技術提携して、レース社の車名のように”パナソニック・スカイライン”とか”シャープ・インサイト・亀山モデル”とか”三菱・ランサーとか・・ん?これはそのままか。

工場などで見かける業務用のモーターって日立のイメージが強いけど、やっぱり自動車に使うモーターはアレやろな。家電メーカーじゃなく船などのモーターを作ってる専門業者。
・・となるとヤマハあたりはどうだろう?
その昔2-TGのヘッドで4輪業界に絡んだけど。
ヤマハなら”キーン”という音の電気自動車作ってくれそうやな。
あ、そうかヤマハなら4輪の前に2輪があるがな~。

これや!これを待ってたんや!

2009 9 13 itami 129 

トロトロと動き出した機体がUターンして離陸用滑走路で待機。
「キィーン」
高まるエンジン音から金属音と共に一気に鬼加速。
フワッと浮いたと思ったらそこから急上昇して大空へ。

この離陸前の高まるエンジン音でワクワク。
加速し出した時の全開の音で恍惚。




市販の電気自動車のエンジンモーターでレース車輌を作成。



おー、飛行機の音がするがな♪

3月30日

最初にコレをお聞きください。
40後半以降の方には懐かしい歌だと思います。






1960年代後半、反政府運動や反体制運動が盛んな時でした。
東大などの”かしこい”大学生が革マル派などと称しヘルメットに長髪、タオルのマスク姿で棒を振り回し、警官隊と衝突していました。
火炎瓶が飛び交い、怒声、暴力、流血の時期でした。

後にヒットした”バンバン”のいちご白書をもう一度”の歌詞にも「学生集会へも時々出かけた」とあるアレです。
就職が決まったらあっさり髪を切って「もう若くないさ」と言い訳するけどねw

そのころ自分は小学校の4~5年生。
可愛い盛り(?)でした。
そういった反戦デモなどは連日TVで見てるので、意味は解らずとも「大学生って大変やな~」と思ってました。

1969年、新谷のりこさん(元女性闘志)の歌う「フランシーヌの場合」が頻繁にTVで流れてました。
綺麗な曲調と覚えやすい歌詞だったので我々小学生の間でもよく歌われてました。

最近物忘れが多く、これを歌ってたのが外国人の女の子のような気がして検索しました。
どうもベッツィー&クリスとかシモンズとかと記憶が混同してたようです。
検索してとんでもない事実を知りました。

”3月30日の日曜日、パリの朝に燃えた命ひとつ、フランシーヌ”

歌の出だしが

フランシーヌの場合はあまりにもおばかさん
フランシーヌの場合はあまりにも悲しい

と来るから失恋の歌くらいに思ってました。
小学生だから歌詞の内容まで深く考えないからね。

で、そのとんでもない事実というのが、このフランシーヌ嬢。
フランス人の活動家の女性なんですが、当時続いていたベトナム戦争、ビアフラの飢餓問題に抗議して3月30日の日曜日の朝に焼身自殺を図ったのです。

まさに歌詞どおりの”パリの朝に燃えた命ひとつ”です。
思えば曲の始まりはメジャーコードでスタートしますが、3月30日の・・のところからマイナーコードに切り替わります。

歌がヒットしてから3月30日が日曜日と重なると、「さんが~つさんじゅうにちの~♪」とちょけて歌ってた子供の頃の自分が恥ずかしく思えてきました。

スネークマンショーの「戦争反対」など聴いて腹抱えて笑ってる場合とちゃうで~w

1月17日 

あれからもう17年も経つんだなぁ。
今日はどのチャンネルも阪神淡路大震災一色。
1日中あの時の悲惨な映像が流れ続けている。
先だっての東日本大震災より被災の規模は小さかったとは言え、まさに”大惨事”だった。

その日は公休だったので布団の中で地震を感じて目覚めた。
50数年生きてきた中で何度も地震は体験してるが、今回のような強烈な揺れは初めてだった。
慌ててTVを点けるも情報が混乱していてどのメディアも被害の大きさが把握できていない。
徐々に事の重大さが解り始める。

ビルが崩壊し、高速道路の高架が落ち、線路も崩壊。
住宅街ではマンションや古い木造住宅が軒並み崩れ落ちてる。
三宮の街は戦場のようなありさまに変わり果て、被害の大きかった長田区はあちこちで火の手が上がるが道路自体の損傷、崩壊した建物、なによりも火災の件数が物理的に消防の能力を上回ってる。
戦争を知らない世代だが、きっと戦時中の焼け野原の光景と同じ様子だったんだろう。

東日本大震災の映像は別の意味で悲惨だった。
TVを見て言葉を失った。
ようやく発した言葉が「地獄絵図や・・」だった。
こちらは地震の揺れによる被害より津波の被害が凄まじかった。
車、家、全てのものが流されてゆく。
海にあるはずの船が街中を流れてる。

話によるとTVのニュースで流れてる映像は加工が施されていて、人などが消されてるという。
モノだけでも充分「地獄絵図」なのに、おそらく何人、何十人の人や動物が巻き込まれていたであろう人が映ってたら・・と思うと身震いする。


今、神戸は見事に復活してます。
細かい部分で震災前と状況が異なるところはまだまだあって、全ての被災者の方が完全復活したとは言えませんが、人々の基礎となる部分の街の整備はほぼ出来上がってるようです。
確かに神戸の街を走っても震災どこ吹く風?みたいに普通の光景です。
復興の速度も驚くほど早く、人間の”人力”には感心します。
東日本は被災の面積が広く時間がかかるとは思いますが必ず復活します。

阪神淡路の時も東日本の時も無数の心温まるエピソードがありました。
海外のメディアも賞賛してました。
一部では心無い人の眉唾ものの出来事もありましたが、助け合いの心を持った人が何百万倍も多かったのも事実です。
ラジオを聴きながら走っていてそんなエピソードを聞くたびに目が水浸しになりました。

今日のTV番組で色んな人が口を揃えて言ってましたが、我々はこうした出来事を忘れてはならないのです。
ひとりひとりの力は微力でも沢山集まればその力は巨大なものになります。
自然災害は防ぎようがありませんが、多くの人々がわが身を犠牲にして教えてくれた防災対策。
政府も保身や政権などのくだらんことに費やす時間をそっちに向けて欲しいもんです。


違いがわかる男

ヒャララ~ラ~ラ~ヒャララ~ラ~♪「松山善三、違いのわかる男のゴールドブレンド」

このCMのBGMは多くの人がフルコーラス口ずさめることだろう。
1970年、大阪万博の年が初回の放映だったようである。

コーヒーは好きなので結構飲むけど、基本はコーヒーメーカーで淹れたもの。
甘いのが飲みたくなった時にインスタントのネスカフェを飲みます。
ゴールドブレンドじゃなく普通のエクセラ。

飲み較べたら解るけど、ゴールドとエクセラは味が違います。
いかにもインスタント然としたエクセラの方が”インスタントコーヒーを飲んでる”という気にさせます。



で、コーヒーはどうでも良いんです。
今回「違い」が解ったのが味噌。

先日北陸出身のオートバイ好きな、特にCB650好きなオジサンが地元で身内の方が営んでおられる”手作り味噌”を送ってくださりました。

                     


                          これ
                           ↓

MOVE.jpg

マルカワ味噌HP http://marukawamiso.com/item/all.php






味噌汁で飲んだ時、いつものマルコメか何かとは味が違いました。
味音痴の自分でも「うん?今日の味噌汁はいつもと違うぞ・・」とハッキリ解りました。

家庭の料理だから当然(?)出汁はインスタントの”ほんだし”でしたが美味しさの違いは体感できました。
これでちゃんと出汁を引いたらもっと違うんやろな。

スーパーゾイルなどの添加剤では効果が体感しにくいが、この「マルカワ味噌」は誰しもが違いを体感できると思います。

日本で手作り味噌を作ってるところはたくさんあると思います。
どこの手作り味噌が良いとかじゃなくて、みなそれぞれ大量生産されたものとの違いは確実にあります。

製造工程で効率化を図り化学調味料をふんだんに使った大量生産品に馴らされてしまってる味覚。
まぁそれはそれでB級グルメのように安物・・と言っては失礼だから廉価版の良さもあります。

インスタントラーメンでも初期の頃のモノが後発の本物志向のものより長きに渡って売れ続けてるというのもそうでしょう。
チキンラーメン、ワンタンメン、サッポロ一番、サッポロ一番の味噌ラーメンに塩ラーメン、出前一丁、チャルメラ・・


究極のメニューや至高のメニューに携わってるわけでもないので”本物”にこだわる必要もないけど、たまに”口の正月”もいいんじゃないかな?

ドリンクホルダー照明の修理 と スパルコ(?) と 胡散臭い商品

ドリンクホルダーの照明が点いてたり消えてたり。
検証したら基盤に行く配線のハンダ部分の接触不良。

基盤を取り出しハンダを付け直してるとクルマに残ってる電源線が短絡しヒューズが飛んでスモール系が点かなくなってしまった。
室内のヒューズボックスを見ても相当する項目が見当たらない。
ならばエンジンルーム側とボックスを開けてもそれっぽい項目は無い。
結局「テールランプ」の7.5Aがそれでした。

テスターで確認しながらハンダを付け直し、バッテリー端子で点灯テスト。
ちゃんと点くのを確認して元に戻す作業をし、取り付け前に再チェックしたら点かない。
テスターで導通を追ったら球のところで通電していない。
昔に日本橋(東京でいう秋葉原)で買った球が大分残ってるはずだが、物置から探し出すのは至難の業。
で、予備のヒューズを買うついでに近所のコーナンに行ったけど、当然日本橋のようにLED球のバラ売りはない。
仕方なく抵抗がセットされてる2個入りのを¥340で購入。
色もオリジナルはオレンジだけど白しかないけどしゃーないわ。
で無事点灯。

dori.jpg


MOVE 024

そういえば昔DAXなどのニュートラルランプなどにLEDを使った時、抵抗を入れてなかったけど、大丈夫やったなぁ


MOVE 021

いつもながら作業時の周りは汚い


====================================

MOVE 022 スパルコ???

スパルコのバックスキンでオフセットの大きいタイプはグルグルハンドルを回す競技用にピッタリだった

ハンドル換えてせっかく付いてるエアバッグを無しにするのもイヤだし、何よりも贅沢は敵だし・・

で、大嫌いなハンドルカバー。
何が嫌いって、カバーの内側にできる隙間がガマンできなかった・・・けどノーマルの細いグリップ径は操作し辛い。
そんな時”ドンキホーテ”で見つけたハンドルカバー。
¥999だし・・一丁買ってみるか・・

人間長く生きてるとガマンすることを学習する。
ガマンの限界が先か、慣れるのが先か・・・


MOVE 023
じゃ~ん ¥999のハンドルカバーでした



====================================

雪 014

芦屋で仕事を済ませて発進しようとしたらフロントガラス越しにオネーチャンがニコニコしてる。
何か?と聞くと磨きのケミカルの販売をしてると言う。

スプレー式で手軽、安い、ノーコンパウンド、ガラスやホイールにも使える、ナスカー認証!を謳い文句に必死に説明&実演。
ヒマだったので付き合ってやった。

「おぉ、丁度コンパウンドを買わなあかん思てたんや」

「では、是非いかがですか♪」

「よっしゃ!いつもの買いに行くわ!それは休みの度にクルマ磨いとるオッサンとこ行って売れ」



そんなもん界面活性剤入れてたらある程度の汚れは落ちる。
塗装面とガラスはええとしてホイールもって・・
あのおね~ちゃんの商品と”マザース”でアルミの磨き較べやったらおもろいやろな。


実演販売で思わず買っていざ使ったらエラい目に遭った錆取り剤RS-Rの恨み、忘れへんで~。
あれの中身は絶対「サンポール」や!



プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。