スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白バイ VS 教習所教官

教習所のコースで教官が逃げ白バイが追うデモンストレーション。

マシンはほぼ互角。コースを熟知し走り慣れてる教官が有利か?
しかし教官の訓練は法定速度での走行で安全確認に主眼を置いてる。
仕事としてはスピードを出すことに慣れてない(プライベートは知らんけど)。

片や白バイの訓練はオートバイを手足のように扱い、スピード違反の車輌をそれ以上のスピードで追いつき取り締まるというもの。

まずは動画をどうぞ。





停車後に教官は「速い。逃げられないw」と言ってますね。
で白バイ警察官の方は「教官は2速でしょうけど、私ら狭い道はローなんですよ」とのこと。
ローで加減速を繰り返しギクシャクせずに操る腕はたいしたもの。

動画のコメント欄に「警察の面子を保つ為に教官が三味線弾いてるのかも?」というのがあったけど、どうなんでしょうね。

思うに個人のセンスが係わってくると思う。
白バイの訓練はそりゃもう厳しいの一言。
でも訓練を積めば誰でも速くなるのか?といえばそんなことはない。
それならばF1界で日本人ドライバーがもっと活躍してるはずである。
WRCでもそう。過去に日本人が優勝したラリーと言えばWRCの中でも比較的低速のラリー。
WGPにおいては日本人のシリーズチャンピオンが何人か出ている。
これは日本において2輪競技に関しては幼い頃から触れ合えて競い合える環境が整ってるからであろう。
4輪ではそういった環境が整備されてない日本に対して外国では盛んな国がいくつかある。
またラリー界で「フライング・フィン」と称されるフィンランド人の名ドライバー。
雪と氷の土地柄で自然とマシンコントロールが身に付くのであろう。

努力である程度までは速くなれるけど、センスのあるヤツに努力されたら適わない。
全てのライオンやトラが強いとは限らないのと同じで、白バイ乗りの中にも遅いヤツは居るはずだ。
今回の二人ではたまたま警察官の方が速く走るセンスが上回ってたんだろう。

ただ、彼らは市街地などでの小回りの技術などの高度なワザを会得してる。
またプライベートでトライアルをやってる者も多い。
こんなのに追われたらどこに逃げても無理。
まぁ白バイ=逃げられないというふうに考えるのが賢明だろう。

でもただひとつ逃げられる方法がある。
但しこの技は他人を巻き込む可能性が高いので”禁断”である。
それは・・・
信号無視、逆行、歩道を走るなどのムチャクチャな走りをすれば「コイツは深追いしたら絶対大事故を起こす」と思わせて追跡をあきらめさせるのである。
白バイから逃げた~という武勇伝をお持ちの人は胸に手を当てて考えてね~w

それにしてもそうなると見てみたいのがWGPライダーと白バイの戦い IN 教習所コース。
普通のサーキットではやる前から結果は明白だが、狭くトリッキーなコースになると彼等はどうなんだろう?
やっぱり速いヤツは速いってなるんやろな。
スポンサーサイト

2011.3.11 14:46

いつものようにMBSラジオ「こんちはコンちゃん」を聞きながら猪名川沿いの堤防を走ってた。
イオンの横に差し掛かった時、突然の揺れを感じた。
一瞬パンクしたのか?と思った。
ラジオでは「今強い地震がありました。落ち着いて!落ち着いて行動してください!」
MCの近ちゃんや関岡アナ、パートナーの森脇健司らがマイクに向かって叫んでる。
声のトーンがただ事でないことを物語ってる。

阪神淡路大震災・・が頭をよぎった。
断片的に情報が伝えられる。
どうやら震源地は関東以北の東北地方のようだ。
大阪でこれだけ揺れるんだったら向こうはどうなってる?

ラジオ番組は急遽特番に切り替えられ、担当アナが情報を伝える。
様々な情報が交錯し間違いや矛盾もあるが、入った情報を次々に放送する。

地震による津波も発生し、とてつもない大災害になってることをラジオは伝えてる。
夜帰宅してTVを点けて繰り返し流れてる映像を見て絶句した。


大災害は識者の「想定」をはるかに上回る威力だった。
1万5千人以上の尊い命が失われ、数え切れないくらいの数の被災者が発生した。
大自然の脅威は計り知れないのかも知れないが、我が身を犠牲にして「想定」の基準が甘かったことを知らしめてくださった方々、ご冥福をお祈りいたします。
国も安全基準を見直し、このような悲しい事態を防げるような対策を練るものと信じます。



黙祷

健康管理

会社の同僚がガン宣告を受けました。
過去に弟さんをガンで亡くしてるので、本人もその可能性を否定できず検診に行くのが怖くてズルズル引き伸ばして病状が悪化したようです。

悪性とのことですが不幸中の幸いで他への転移は認められなかったようです。
但し舌癌という事で腫瘍のある舌を取ってしまわなくてはなりません。
舌を取ると食物を食道に送り込むととが出来なくなり、同時に声帯を取らねばならないそうです。
つまり完治しても一生声を失うのです。

昨日連絡した時は声を失うことになるということを知らない段階だったので「どない?治った?忙しいねんから早よ出といでや」「そんなトコ(病院)長いこと居ったら病気なるで。早よ帰っといで」などといつものように冗談9割の感じで明るくしゃべったんですが、声を失うと聞いて何て言ったらよいのか冗談が出ませんでした。
「医者は考えられる全ての可能性を、最悪のケースも含めて言うんやから、最初の投薬や放射線治療で良うなるかも知れんし・・」と言うのが精一杯でした。

言葉や音、光を失うって想像できないくらいに苦しいことだと思います。
今彼は医者に言われた”心の準備”期間で来週早々に入院します。

自分に置き換えたらそんな状態で生きてゆくのが辛いのでいっそ・・と思いますが、家族や周りのものにとっては死んでしまうのはもっともっと辛いことです。
できることなら元の状態で戻ってきて欲しいと願ってます。


去年の初めに親友を”心不全”で亡くしたショックは時間が経っても癒えません。
彼の場合は以前にくも膜下出血で奇跡的に九死に一生を得たんですが家族を養うためにかなり無理をしてました。
今回の同僚もそうです。自分より4歳年上の年齢でしんどい仕事をこなしてました。

みなさんも無理をせねばならない状況もあると思いますが、自分のため、家族のために「調子悪いな?」と思ったら早めの検診を心掛けてください。

俳優?と交通法規のこと

今日自動車試験場に免許の更新に行って来ました。
順番に手続きを進め写真撮影の場所に行くと、順番待ちの人が100人以上。
列が空いたら係員がマイクで名前を読み上げます。
「本田さん、本田 猿さん、鈴木さん、鈴木 狼さん、川崎さん、川崎 音速さん・・列の後方にお並び下さい」
・・・てな具合に。

窓口に行った時に丁度呼び出してました。
数人目で

「萩原さん、萩原健一さん」

当然場内で待機してる人たちの目が一斉に呼び出された人の方に。
ほぼ全員の注目を受けながら若者が列に並びました。

それから間に二人挟んで

「北村さん、北村総一郎さん」

またもや衆人の目は並ぼうと移動する”北村さん”に集まる。
こちらはどんな人かは自分の位置からは確認できなかった。

萩原さんに至っては、写真機のところで女性係員に「萩原健一さん、どうぞ」と良く通る声で呼ばれたものだから後から窓口に来た人は人垣の頭越しに覗いたりしてました。

俳優やアイドルも絶対本人が更新手続きに来るわけだから東京だと”本物”の萩原さんや北村さんに遭遇できるかも?


ちなみに現在無事故無違反歴がほぼ4年。
あと1年ちょっとで夢のゴールドだけど、ゴールドに切り替わるタイミングは免許更新時。
ということは次回更新の3年後まで継続が必要。
つまり無事故無違反が5年で良いところが7年になるという理不尽。
5年間無事故無違反の時点でゴールドの権利が確定するような仕組みにしないと不公平が生じる。

ウチの妻は18の時に免許を取って、ゴールド制が施行されて以来ずっとゴールド。
四輪はMTはもちろんのことATも動かせない。
運転が・・じゃなく動かせない。
こんなヤツが更新時に講習免除っておかしいやろ~!

あと、本日の講習で講師が右左折時の合図のタイミングを質問したら答えられない者が多いのに驚いた。
針路変更の3秒前と勘違いしてる者、中には15メートル手前と独創性のある答えもあった。

こういう基本的な交通法規を知らない輩達が道路を走り回ってるという現実を目の当たりにできたのは今日の講習の収穫だった。
より一層の防衛運転が必要と感じました。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。