スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古き良き昭和の時代のバス・・・に付いてた花瓶

前々から欲しいと思ってたやつのひとつを買っちゃいました。
金額の数字自体は知れてるけど、これがこの値段!というので躊躇してました。
100均にもありそうなアイテムなので100均はじめあれこれ探したけど見当たらなかった。
仕方なしに安城と音羽にある24時間営業のトラックショップ「車留満」(シャルマン)で購入。
¥1890というお値段でした。

花瓶2

まぁ今どき大量生産してないからコスト高もやむなしと自分を納得させました。
・・にしてもトラック用品は高い。


昭和30年代~40年初頭、当時大阪は枚方市の香里団地に住んでました。
普段の買い物は地元の公設市場やピーコックに行くけど、ちょっとしたものを買う時は香里園にあるスーパーマーケット「シロ」(→ジャスコ→イオン)に行くのが住民たちのステータスでした。
スーパーマーケットと言っても現在のそれらには遠く及ばない場末のシネマみたいなもんでした。

で、それよりも大きな一大イベントが大阪にあるデパート(百貨店ではなくデパート)に行くということでした。
もうそれは大変なことで、よそ行きを着て出かけるのです。
京阪沿線だったので北浜の三越が行きやすかった(当時は天満橋の松坂屋はまだ無かった)けど、京橋で国鉄の省線(現JR大阪環状線)に乗り換えて大阪駅で降りたら、そこにそびえ立つのが阪急デパート。
巨大な8階建てくらいのビルディングは圧巻でした。
もちろん目当ては屋上遊園地と大食堂でのお子様ランチ。
よく母に連れられて行ったものです。

そうしてお出かけをするためには京阪電車に乗らなければなりません。
その電車に乗るには駅まで京阪バスで行きます。
枚方市駅、枚方公園駅、香里園駅。
共に同じくらいの距離ですが、香里園駅が一番大阪寄りなのでその後の電車賃が若干安く済むので香里園駅を多用してたように思います。

ブタバス

我々子供の間では「ブタバス」と呼んでたボンネットバス。
小学校中学年あたりまで現役で走ってました。
子供=乗り物好きの公式はほとんどの男の子に当てはまり、もちろん自分も例外ではありませんでした。
運転席直近に座り運転手の操作を食い入るように見つめる。
シンクロなんて未来的な機能は装備されてないので、運転手独特のサンダル履きの足は目まぐるしく動く。
当然パワーステアリング?何でっか?それ?だったので異様に大径の細いハンドルを右に左に。
曲がる時にバスの横面から出るのが方向指示器。

指示器

写真はおそらく後期のもので照明など無かったと思う。
「ワンマンバス」などというハイカラな仕組みができたのは40年代以降。
それまでは大きなガマ口を首からぶら下げた車掌さんがいた。
降車する人がいると手元のブザーを2度押し「ブッブッ次停車」と皆申し合わせたようにトッポジージョみたいな声で運転手に伝えた。
降りる人が居ない時はブザーは1回で「ブッ次通過」となる。

そうしていつも眺めてた運転席の横のピラーに必ず付いてたのが前出の円錐形の青いガラスの花瓶。

花瓶3
いつも綺麗な生花が生けられてて乗客の心を和ませてくれてました。

心が和むということももちろん理由の一つだけど、上の話のように母に連れられてバスに乗ってた当時の記憶がこの花瓶を見るとまざまざと甦るのです。
これを見るたびに母を思い出すのでバタバタしてても必ず思い出す瞬間ができるからいいかな・・と思ったりしてます。

買って早速トラックの運転席側ピラーに取り付けました。
さすがに生花は枯らせてしまいそうなので造花を数種類買って日替わりで行こうと思ってます。
でも田舎に行くと綺麗な花が咲いてたりするんでこれからの季節は出先で花を摘むのもエエな。

ちなみにトラックのマーカーの色が、青→ピンク→白LEDに変わりました。
アンバー色の反射板だったステップ横も白LEDで光らせました。
ナンバー照明も白LED。
ただヘッドライト内のポジションランプが青LEDなんですね。
これはちょっとイキったDQNみたいだからこれも白LEDに替えなあかんし、車高灯がアンバーのままなのでこれも白LEDにしないと目指す"ムーンライトエキスプレス"になりません。
ただ車高灯の入れ替えは穴あけ作業が必要だったり手が入り辛いところに配線があり、何よりも不安定な高い場所での作業になるので躊躇してるけど、やっぱ釣り合いが取れんからガンバるぞ!
でも車検毎に元に戻さんとダメなのね。
あ~めんどくさ。
スポンサーサイト

各都道府県の走り方

全国を股に掛ける長距離運転手の総括の意見です。


<東京>
アクションを起こしたい前から自分のナンバーを周りにアピールしておくのが事前準備。
ある程度自車をアピールできたらあとは簡単。ウインカーを出すだけ。
「あぁ、田舎者か」と普通に入れてくれる。
迷路のような首都高では特に有効。

<名古屋>
全般にスピードが高い。右左折前は速めの進路変更で車線をキープ。
市内各所に見受けられるが、一番右車線は直進、右から2番目が右折レーンという構造が多々あるので注意。

<青森、秋田>
平常時は美しい景色に見とれがちだけど冬場はすべてが白一色になる。
まるで白黒映像に切り替わったように一切のカラーが無くなる。
一般道、高速道共に道路の境界線が消える。
中央分離帯も無くなり、どこからどこまでが自分の陣地か判らない。
たよりは路肩にわずかに突き出る赤白模様のスノーポール。
冬場にここらを走る時は地元ナンバーの乗用車のケツはいいが、間違ってもトラックやトレーラーに追従してはいけない。
まぁやろうと思ってもできないだろうけど。
特に全国区で展開してる大虎運輸は速いので有名だが、彼らはWRCドライバーと同じで雪道でもドライ路と同じ。
観音に「aomori」「yamagata」「miyagi」「fukusima」なんて書いてある黄黒カラーのトラックが来たら速やかに
進路を譲ろう。
でないと豪雪の東北道で自速100キロでの2mテールトゥノーズを食らいます。

<福島>
県民の方は気を悪くするだろうけど、業界では天下一品のマナーの悪さと言われてる。

<長野(松本)、四国4県>
"松本ルール"と言われるローカルルールがあり、右左折で直線に合流してくる車両が優先されるケースが多々ある。
そのため直進中に前走車がいきなり停止する可能性があるので周りに注意を払って運転しなければならない。

<北九州>
割り込んだだのの走行時のトラブルはご法度。
特にラグジュアリーセダン系は触らぬ神に祟りなしだが、最近は軽四も多いから静かに通過するべし。

<大阪>
基本みんなアクセルオンとブレーキの繰り返しで前車に張り付きテールトゥノーズで走行している。
ウインカーの意思表示など屁の役にも立たない。
熟練者は「俺は入るつもりは無いよ」というそぶりを見せておいて、隣の車線の車が一瞬気を許した隙にさっと入る。
絞り込みなんかでは"がぶり寄り"のテクニックがないといつまでたっても前に行けない。
隣との隙間を5㎝くらいに詰め、尚且つ少し先行しつつ寄って行き鼻先を少しでもねじ込んだら一気に被せる。
こうして隣のレーンに移るのである。
同時にその時には2輪にも注意。
狭い隙間でもゴキブリのようにかいくぐってくる。
原付はもちろんのことリッターでも隙間を進んでくるので車線変更時は確実な後方確認を怠ってはいけない。
阪神高速では左から環状線に合流してきて(またはその逆)僅かな距離で一番右車線まで行かないといけないケースが多い。
渋滞時なんかは前出のがぶり寄りとノーズインを会得していないと永遠に環状線をぐるぐる回ることになる。
他府県ナンバーのそういう姿をよく見かける。
あと注意が必要なのは踏切。
悠長に一旦停止などしてるとクラクションならまだ良いが、へたすると追突される恐れあり。
それと市内の中央大通りの本町界隈は夕方になると4車線のうち3車線が駐車場になる。
繊維問屋が集まってるそのあたりは路線運送便の洪水。
積み下ろしのために3重は被せる。
真ん中を走ってた佐川急便がハザード出したと思ったらそのまま停車・・などごく普通の日常の光景。
だからといって脇道に逸れたら一方通行路の道の真ん中に止まって積み下ろしをしてる。
ここらでのハザードランプは黄門様の印籠の如く絶大な効果あり。


大公開! 男の仕事場・・いや安らぎの場

20140213_093951.jpg

青いカーテンの奥が命の次に大事なベッドルームです
左下の黄色っぽいのが孫の手、隣が就寝時用の灰皿、その上の緑っぽい色のものはゴルフクラブ、白と青のものはアルコールウエットティッシュ、コードはイヤホンマイクですね

ベッドの寸法はL=キャビン巾に近い2300
w=600という狭さです
マットは2重に敷いていてクッション性は充分です・・がもう1枚増やそうか?と思ってます
でもあまり快適すぎると増々布団から出られなくなるな


20140213_093721.jpg

頭側です
枕が低いので座布団を敷いてます
就寝時は当然運転席の背もたれを前に倒します
両サイドからフロントガラス正面にかけてラウンドカーテンを閉めて大切なプライバシーを守ります


20140213_093629.jpg

足元側です
ホームセンターで買ったダウン50%の安物では寒さを凌げないので内側に起毛の毛布が丸まってます
左上のカレンダーは出入りの車屋オリジナルの旧車シリーズ
この月はトヨタ2000GTですね
ただし去年のもので蹴とばしたりしてシワクチャです


この狭いスペースで寝るわけですが慣れれば非常に快適です
トラックの寝台じゃゆっくり寝れんという声が多いですが自分はモーマンタイです

九州~東京あたりの太平洋側ではヒーター全開では汗をかいてるばあいがあります
北陸や東北では水温が落ちたら自動で上げる"エンジン温めまっせスイッチ"を入れてても朝方は寒いです
信州の標高の高いところの−10℃レベルでは温めまっせスイッチはその役目を果たしません


ちなみに観光バスの寝床はどてっ腹にありますスーツケースやスキーを入れる収納の隣です
ハイルーフのキャビンのトラックでは2段ベッドもあります

長距離トラックの事故原因で一番多いのが過労によるいねむり
快適な就寝環境が事故防止につながる・・が持論の自分はよりエボリューションした就寝環境を目指すぞ!

最近のこと

相棒のトラックが車検を迎えるので検査に引っかかる部分をノーマル戻し&同僚の先だっての事故で廃車になるクルマから外したメッキパーツなどを貰ったので取り付け・・などを寒空の下で鼻を垂らしながらやってました。
マーカーの点灯不良が数か所あり導通を調べるのにテスターを出して思い出しました。
「文字盤のビスが取れてたんや~」

20140210_183547.jpg

文字盤のカバーは「パカッ」と外すしかなさそうだが、案の定側面を欠けさせてしまった。
まぁ直ったからエエわ。




ウチから2~3分の所に「萱野三平」旧宅があります。
赤穂浪士四十七士に訳あって参加できずに自決した人です。
「萱野」は地元の地名として残ってます。

P1090113.jpg P1090116.jpg



先日久しぶりに奈良を通りました。
奈良公園周辺では道路を鹿たちが闊歩してます。

20140130_144224.jpg




も山形の道の駅「いいで」。
ここでは山形名物の芋煮が食べられます。
何とか閉店の17時に間に合ったのですかさず注文。
表の銀世界を眺めながらいただきました。
関西人の自分には出汁が甘めでしたがおいしかった。
つけものもかなり美味。

20140207_165727.jpg

国道113号線は雪景色。
道の駅「白い国おぐに」は相変わらず雪に埋もってる。
コーヒーを買いに下車するのもイヤなので先のコンビニへ。
そこで見たのは内側はもとより外側からも冷やすクール宅急便。

20140207_180259_LLS.jpg



オートバイの運転を習ったことがある人はごく稀だろう。
子供の頃に覚えた自転車の延長で身体が覚えてるのと、アクセルやクラッチ、ブレーキなどの操作は試行錯誤から身に着けた自己流の人がほとんどだと思う。
もちろん自分もそう。
たまたま関連動画で出てきたのでシリーズのうちのいくつかを見てみた。
元レーサーだけあってオートバイに負担を与えずスムーズに走らせる・・ということでは理にかなってると思う。
ただし交通量の多い都会で防衛運転も視野に入れた場合?と思うところもある。
でもそれは臨機応変に応用すれば良いことであって何事も基本は大事である。
ネモケンの教えを乞うて自己流から脱却・・できるかな?



平馬先輩の武勇伝に出てきたジンギスカンと今夜もロックミー

<ジンギスカン> byジンギスカン





<今夜もロックミー> byアラベスク

平馬先輩

ここ最近で一番の大笑いした話。
会社の同僚からのメールで「柳沢慎吾 若山」「柳沢慎吾 平馬先輩」でyoutube検索してみてくださいとあったので
入れてみたら、柳沢慎吾が若山富三郎を激怒させたエピソードの動画と表記の平馬先輩が出てきた。

特に平馬先輩は涙流しながらワロタw
現在50歳~でヤンチャ気味だった人には最適。


平馬先輩



トーク内解説

<クジラ クラウン>
くじらくじら2
その風貌からクジラの愛称で親しまれてた。

<ジンギスカン、今夜もロックミー>
70年代後半~80年代前半頃ヒットしたディスコミュージック。
ジンギスカン、アラベスクというグループの曲。

<エアサス、ハイフラ>
暴走族やヤン車も70年代の走りから80年代の見せるに変化。
エアサスでリアを上げるのが流行ってた。
同時に速い点滅のウィンカーのハイフラッシャーとブレーキを一度踏むと数回点滅するストップランプが流行。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。