スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の散歩と1980円のグローブ

一昨日、がん友が息子&娘&娘の友達と山の方に走りに行った。
娘・・スッパフォー、息子・・ニンジャ400。がん友はレンタルバイクのFZ-1 FAZER。
ちなみにこのがん友が宮城光や故、大島正らとつるんで走り、大阪北部の山々や六甲山を二輪通行禁止にした張本人である。

今日は体調もマシで ↑ の話を聞いてウズウズしてたので久々に山に散歩に行った。
とりあえずは近場の能勢妙見山。
狭いつづら折りの道でシュワンツのごとくテールを滑らせ、時にはアウト側の足をステップから外すマモラ乗りで・・・
・・・をイメージしながらスローイン・スローアウト&リーンアウトで駆け抜けたのであった。

20160330_140415.jpg

身体が痛くなってきたのと、尻というかシートの角に当たる内腿が痛くてセブンカフェで一服

20160330_133806おとこまえ


家に帰ってしばらくしたら郵便受けに投函されるゴトゴト音が聞こえたので覗いたら、オークションで入手したグローブがメール便で届いてた。
春夏ものはオフロード用のでコストパフォーマンスに優れたのがあるので、ここんとこFOXばっかり。

20160330_18014350.jpg

使い込んでボロボロになった左側と本日入荷の右側。

20160330_17170750.jpg

これで1980円

往復50km弱の行程だけど、帰ったらフラフラでしたとさ。

スポンサーサイト

タイヤ

全身痛及び指のしびれ&むくみでグーができない。
プラス9か月の間、食っちゃ寝を繰り返してたので腹がすごいことになってて前かがみもロクにできない。
こんな状態で何とか前後のタイヤを換え、調子に乗ってツルツルだった妻のジュリオの前輪も換えました。

指が痛くクラッチを握れるのは一日20~30回くらいまで。
この回数でおさまる距離を走ってます。
コケた時のタイヤのゴムは鉄のように固く山もありませんでした。
新品のタイヤは柔らかいは山はあるわで快適♪
直線でスリップすることもなくなったw

ちなみに自分のも妻のもヤフオクで仕入れたタイヤですけど、自分のはタイヤサイズと値段、出品者の評価と送料しかよく見てなくて、タイヤのサイドの文字に「Dなんたら」ってあったのでてっきりダンロップかと思ってたらIRCやったw

20160316_120529ヤイタ真ん中は古いダンロップ

まぁどこのんでもエエけどね。前後で\11300やしw

妻のんはダンロップ。
北と南で首の取り合い口撃をしてる国の南の方原産のタイヤが1000円~1000円ちょい。
それやったらもう数百円出してダンロップや!

20160326_131037.jpgコーナン(関西では一人勝ちのホームセンター)で中国か韓国製のものが3380円
これは1700円!
送料が800円かかったけど、それでも2500円。

やっぱりタイヤはチューブレスに限るなぁ。

この差って何?

先日の 20160313_152232.jpg これ



ひと工程終えては疲れて放ったらかし状態 → 組み込む時にレバーでチューブを噛んでオーマイガー!

言い訳させてもらうと、とにかく身体中痛くて椅子に腰かけたまま背を起こしての作業になるんで隙間に手を入れて確認・・などできない。握力は無いし手のひらも痛い。

噛んだ穴が数か所あり、うちひとつは結構大きいのでパンク修理はあきらめて新しいのを買うことにする。
ほんでまた近所の南海部品に行ったらなんと品切れ。
そういやこの間買った時のが最後の1コやったけどすぐ補充されてると思ってた。

う~む、それならばと自宅から南海部品までと同じくらいの距離にあるホンダドリームに問い合わせると、さすがに90/90/18なんてサイズの在庫は無いようである。
数ある街のオートバイ屋に在庫を聞くわけにもゆかず、次に近いオートバイ部品屋を思い浮かべると・・・・
伊丹の軍行橋にあるバイクワールド(旧バイクセブン)か・・・。遠いな(片道7km)。
仕方なしにバイクワールドに向かう。

脱線するけどバイクワールドと言えば、昔ダイエーが元気だった頃にカー用品チェーンの「オートワールド」をチェーン展開していた。
4輪のタイヤ交換工賃無料が売りだったけど、店によっては場末の匂いがプンプンしていて、チェーン店特有のアホな値下げがあった。
ドが付くほど定番のナルディのクラシック・・やったかな?ラリー車がこぞって付けてたステアリング。
これが長期在庫だったために値下げされており半額以下の値が付いてたので速攻買ったことがある。
他店では普通に3万弱の値段で売られてるものである。
その後このチェーン店も含めて香ばしい香りのする店が軒並み閉まり、なんの魅力もない「自動後退」や「黄色い帽子」が生き残った。

その新生オートワールドに行き迷わずエレベータに乗り込む。エレベーター利用者はなぜか2割程度。
2Fに上がった正面に中古車がたくさん展示されている。
全体をざっと見渡すとキャンディレッドのCB750fourが視界に飛び込んできた。
値札は298万円。
外国からの逆輸入車のようで細部に至るまでピカピカである。
ネジ類などは新品に換えられていて、場所によってはヘックスが使われてる。当時あったんかな?あってもこの車両には使われてなかったやろと思う。
リムなどの再メッキの部分はメッキなんでしばらく持つだろうけど、細かいブツブツだらけのエンジンのフィン部分の塗装とか、バフ掛けで無理やり光らせたクランクケースやフォーク部分はしょっちゅう磨きが必要やろな。
まぁこれを298万で買う人は乗るより磨くのが好きな人やろけど。

でチューブ売り場に行き目当てのサイズを手に取り値段を見ると・・・ん?
1749円。
二度見したが1749円。
ひぇ~~~!高いやんけ~~~!南海では1176円やったぞーーー!
オフ車のようにハードチューブとかではない。全く同じダンロップ製の品。
この約600円の差は何やねん!
しゃーないから買ったけど・・。

ただ南海部品より規模も大きく、おそらくであろうけど商談日に「なんとかこの値段でお願いします」と泣きつく住友ダンロップのセールスに「あんさん、そんな値で仕入れたらウチの会社潰れまんがな・・」「この値が納得でけへんのんやったら井上さんとこに変えるまでや」と冷たく突き放すバイヤー。
・・・という情景が思い浮かぶ大企業が大阪の小さな部品屋さんを何とかここまで大きくしてガンバってる店より600円弱も高いんが気に入らん!

・・って思うのは大阪人だけかな?

牛歩のごとく

去年の12月にコソっと抜け出してマクドを買いに行った帰りの病院横の交差点。
負けてなるものかと極限の速度で第一コーナーに突っ込むレイニーとシュワンツのごとく、時速10キロちょいくらいで進入。
ズルっとなって支えようと右足を出したものの、自分には「力」が無いのを忘れてた(゚д゚)
左足はステップを離れマモラ乗り状態・・・


1月の一時退院時にオートバイは自走で自宅まで搬送済み。
昨日の土曜日、とりあえずエンジンをかけてみようとセルを回したら・・・
「ジ~~~」
ぎょえ~!上がっとるがな~。このオートバイ、キック付いてへんのに~・・

家の前の道は下り坂。
でももし掛からんかったらOUT。坂を押して上がるのは不可能。
そこで単細胞の脳はGO!サイン。
・・・結果坂を押して上がるハメに。

部屋に入って布団に倒れこみ「ハァハァ、ゼイゼイ、ゼハーゼハー」と30分苦しんだ。
最初は酸欠状態がひどく救急車を呼ぼうか?と思ったほど。
ちなみに今の身体の状態は寝てるとこから起き上がるのも一苦労。
トイレに行って戻ってくると「ハァハァハァ」

でも喉元過ぎれば熱さを忘れるというやつで、もう一回やったら掛かるかも?という悪魔の囁きが聞こえ再度チャレンジ。
OUT!
さすがに今度は押すことは不可能なので家にいた息子を呼んで押してもらいました。

エラい目に遭ったので休憩してからブースターケーブルを探したけど無かったんで、かなり昔からある充電器を持ち出し
充電開始。
20160313_152147.jpg



この勢いで入院中にオークションで入手しておいたタイヤ交換や!
と前輪を外しにかかった。
ジャッキで支えたりとかするのに中腰が辛く休憩ばっかり。
押した時の苦しさが尾を引いてるんで「やーめた」と前輪を外したところで終了。

20160313_152034.jpg



で今日はやるぞー!と10時くらいに思った。
12時半に昼ごはん食べた。
しばらく休憩して13時半ごろに表に出た。
充電は順調のようでテスターで計ったかぎりではOK。

タイヤレバーを差仕込み力を入れると・・・
手が痛い!
これは化学療法の副作用のひとつの「しびれ」
指先や手のひらにモノが当たると痛い。
一昨日はメッチャむくんでた。
今日のむくみは少ないがグーができない。
これは入院中からずっとそうなんだけど、とくに朝の起き抜けは全然ダメ。
よくおばけやゾンビのマネした時の手の形

20160313_181420.jpg

のこれ。
夕方くらいになると形だけグーは出来るようになる。
こんな状態だから握力もゼロに近い。

必死こいてやったり休んだりで何とか外したけど「ハァハァゼイゼイ」
なもんで即撤収。
続きはまた今度。

20160313_152232.jpg

あれから9か月・・・

先日3月8日に無事退院することができました。
ご心配いただいた方々の励ましのおかげです。
ありがとうございました。

昨年の5月に病気が判明した時は、前の年の11月に高倉健さんが亡くなった病気だというのが記憶に新しく、この先どうなるのか?と不安でいっぱいでした。
当然NETでググリまくりました。
最悪「死」ということも覚悟せざるを得ないとも思ってました。

辛い化学療法も何とか乗り越え、途中で想定外の肺病とも闘いなんとかここまで来れました。
化学療法の副作用、完全復活ではない肺の状態、ほぼ寝たきり生活による体力の強烈な衰え・・
ちょっと動いただけで「ハァハァ」状態というのは相変わらずです。
が、今こうして生きられてることに感謝せねばなりません。

病院では色んな人に出会い、また見てきました。
辛く苦しい病気と闘ってる方ばかりです。
皆さん「強い!」の一言です。

自分の病気の悪性リンパ腫には「完治」はありません。
治療終了後3年~5年再発がなければ「寛解」となります。
寛解とは、一応治ってるみたいやけど細胞レベルのことやし、再発も多い病気やからどないなるか判りまへんで~
というニュアンスのものです。

がんでよく用いられる「5年生存率」というのがあります。
治療を開始して5年後に生きてる確率です。
進行度とか型にもよるけど大ざっぱに50~90%
90%というのは1期の病状の場合。
1期でこの病気が判明するというのは通常まず無い。
判明した時点で2期~というのが普通。

まぁなってもうたのは仕方ないんで受け入れて過ごします。
それとがん保険は入っておくべきですね。
自分は入ってなかったことを後悔してます。
ではでは。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。