スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫ゴム

さっき息子のチャリのパンク修理をしようとバルブを緩めた。
空気が抜けた原因は虫ゴムが千切れてただけだった。
チューブを引き出さずに済んでホッとした。
さて、虫ゴムはと・・・
おぉ、あったあった。いつ買っておいたのか忘れたけど、1メートルのヤツだ。
2センチほど使ってあとの98センチはお蔵入り。
果たして次に使うのはいつ?
親子3代・・いや5代に亘って使えるなぁ。

CRMの前後ホース換えました。
フロントが正規の長さなのでメーターも見える♪
フルードを充填してエア抜きしたりしてブレーキを触ったけど、テストはしてない。
なぜならカミナリが鳴ってたからである。
運の無い私に落ちる確率は高確率。
次に乗る時はテスト無しで乗ることになるだろう。

歳を取ると物忘れが増え、先日タイヤ交換したときもリアアクスルを仮締めだけで締め忘れてたことが頭をよぎったけど、制動の確認はしない。
なぜならまだカミナリが鳴ってるからである。

クワバラ、クワバラ・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ。
満太郎さんも休日は修理に励んでおられるのですね。

私も昨日は嫁、息子の買い物に一日つき合わされたので、今日は朝から車検が近付いているCB750のタイヤ交換を行っています。汗だくです! タイヤを外してびっくり!、リムバンドの癒着、サビ。。。 タイヤ、チューブは今朝、通販で注文したものが届くましたが、リブバンドはこれから買いに行きます。

仮締めしていたことを忘れる、これ、私もよーくありました。 なので最近は、仮締めをしない、必ずしっかり閉める、をモットーに作業をするようにしました。また、特にケミカル用品なんか、過去に買ってあったにも関わらず、それを忘れていて同じものを買ってしまうこともよくありますね!

No title

タローさん、コメントありがとうございます。
中途半端に古いオートバイは整備・・というより経年劣化した部分の補修などの実におもしろくない作業が必須ですね。
CB750くらいになればそんな作業さえ楽しみに変わるんですけどね~。

常々思うのがタイヤがチューブレスの車両はありがたい。
けど、好みが旧車であったり、レトロ風のものであったり、オフであったりしたら殆どがチューブになってしまいます。
オリジナルにこだわらない外観で良く、金に糸目は付けんという輩ならマルケジーニなどの高級品もアリでしょう。

友人の仕事関係の材木屋さんの倉庫に冷凍保存されてたのごとく良い状態の当時モノのW3があって、その友人がちょくちょく行っては復活に向けての作業をしてるんですが、少年の頃に毛嫌いしてた車両が今や欲しい車両の筆頭に上げられます。
といってもCB750はじめ往年の名車は宝くじでも当たらないと残り僅か(?)な余生で所有することは不可能でしょう。

う~ん、うらやまし~

No title

CB750Fourはたまたま友人から不動車を10年前に譲り受けたものです。三年前から本格的にレストアを始め、本日のタイヤ新品に入れ替えも含めて、結局40万円以上かかったでしょうか? 今ショップで売っている車両価格と多少安いぐらいでしょうか。そういう意味では、CB750Fourは相場感に納得がいきます。100万円を超えるフルレストア車を除いてですが。

しかし、最近の80年代のメジャーだったバイクの価格には納得がいきません。特にCBX400F、ホーク系、、、とても一般ライダー向けの価格付けとは思われません。いわゆる旧車会向けの価格なのですかね。あの時代に、CBX400Fに乗っていた人、あこがれていた人が、今になってリターンライダーとして復活し、懐かしいCBX400Fを探してもあの値段じゃあ手が出ないでしょう。 本当にノーマルな当時のバイクがほしい人向けに、良心的なショップがないものでしょうか?

今は、CB750F系がお買い得かもしれません。

使いきれないといえば

ブレーキのパッドグリス(笑
昨日キャリパーOHとパッド交換したんだけど、
まだまだたくさん残ってるな~
死ぬまでに使いきるのだろうか・・・(無理

No title

>タローさん
レストアの手間隙を考えれば当時の新車価格を上回るのもいた仕方ないとも思います。
ただし当時不人気車だったものが古いというだけで”名車”に便乗した価格を付けてるのに憤りを憶えます。
手を掛けたものならまだしも、現状で高いものが多い。
でも逆に考えたら不人気だった分、本当の希少車なのである意味骨董品みたいなもんかなw

CB750Fは9歳離れた弟が乗ってました。
彼らの時代の漫画の主人公が乗ってて人気があったようですね。
自分の脳内ではCBナナハンはK4でストップしてますw

↑のブレーキグリスが余ってるおじさんもCBヨンフォアに乗っておられるのですが、自分もひじょ~に欲しい車両のひとつなんですけど現実を見つめたら・・・空想の中で乗りますわ。

先日信号待ちで自分が高校生の頃のハスラー250と遭遇しました。
声を掛ける間もなく信号が変わり、オーナーの汚いオッサンは白煙を残し右折して行きました。
当時友人が乗ってたので何度か乗せてもらったのですが、今の2st250オフ車の動力性能に馴染んだ体では”走り”では満足できないでしょう。
でも”優越感”では向こうの方が遥かに上ですね。
・・といってもオッサン連中の間だけで若者にとっては古くて汚いオートバイなんでしょうけど。


>そのさん
そういったものや数年に一度使うかどうかの特殊工具は持ち回りの体制を作らないといけませんね~。
ということで2輪用のタイヤチェンジャーの購入お願いしますw
すんごい楽そう~。あっ、でもビードストッパーが付いてるようなモノには使えないんかな?

キャリパーなんかは何かないとメンテしようと思いませんね。
これを機に対向4ポッドの強力なものに・・
いやいや、そんなに飛ばしてはいけません。
雨の日に走り回って

「おお400、お前は風邪だ」

と恨みましょうね♪
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。