スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダZとスズキフロンテクーペのこと

ホンダZ

ふと気が付くと前をモスグリーンのホンダZが走ってた。
思わず携帯でパチリ。
懐かしさと共に感じたのが”可愛い”だった。
今の軽四はカラがでっかくなってかわいくない。
セリカLB2000GTと併走してるのを後ろから見たら横幅が同じようなもんだった。

それに較べて360cc時代の軽四はかわいい。
居住性、操作性に雲泥の差はあるがセカンドカーとして乗れるなら昔の軽四がいい。
車種にもよるが、エアコン・・いやクーラーなど無くていい。三角窓で十分。
冷やすのに水なんて贅沢。空気で十分。
ではどの車種だと許容できるのかとなると・・・
N360・・あとは・・N360・・

中学生の時悪ガキ仲間が大人の人からN360をもらって空き地メインで乗り回してた頃があった。
また今年初めに亡くした友人が一時期乗ってた。
そうした思い出があるからかな?N360しか思い浮かばないのは。

あと気になるのがフロンテクーペ。
ふろんて
この型。
中学生時代に街で多く見かけた。
ちょっとスーパーカーっぽい斬新なスタイル。
スペックが37馬力の4.2キロ。
GT380が38馬力の3.7キロだからほぼ同一のエンジンが載ってる。
ちなみに”走る電気モーター”と称されたサンパチの2スト3気筒はフロンテでのノウハウが生かされてるとの解説があった。

わずか480キロの車重にサンパチクラスのエンジン。
これは楽しいだろうと思う。
速さや足回りの完成度からいえばアルトワークスなどのターボ車に軍配があがるけど、楽しさでは絶対上だと思う。
減速比の低い軽四、しかも2ストとなれば発進でしゃくる。
それを嫌がってそろ~っとクラッチを繋ぐか、高回転半クラ多用発進で勢い良くスタートするかは乗り手次第。

そうそうスズキといえば先日南海部品で新しい2ストオイルを見つけた。
各店で安売りされてて「安物」の烙印を押されたCCISのランクアップ版。
FC規格は同じだが100%化学合成油となってた。
南海価格で1080円。
やっぱり安物w
次に一度使ってみよ~っと。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

軽自動車

猫の顔です。こんにちは。しかし、まあよく満太郎さんの周囲にはこういう、好きそうな二輪四輪が動いてますなあ!モスグリーンのホンダZはいいですね。縦型のドアノブ(?)、スペアタイヤはリヤのバンパーの中。なお、運輸省への届け出の型式は、ライフと同じ「SA」型でして、ステップバンも同じです。空冷Zは、N360と同じエンジンだからか「N360」と記載されています。最終型のGSSには、パッシングスイッチが追加されている本格派です。欲しかったなあ。これも。

No title

そう言われれば結構珍車は見かけますね~。
もっとも人のものだからうらやましいだけだけど。
Zの第一印象は「変~w」でした。後ろの水中メガネが。
高校の同級生が通学に使ってたのでよく乗せてもらいましたが、慣れると「変」がオシャレ」になるんですね、これが。
写真の車はGSSで当時ものナンバーでした。
大事に乗ってた・・というより納屋に眠ってたのが復活かな?

納屋にモスグリーンのセリカ1600GTVが眠ってる旧家を知ってます。
メッキもピカピカで塗装の程度も良好です。
手入れをかかさないんでしょうね。
たまに動かしてるようです。

その家の近所でおじいちゃんが乗ってたスカイライン2000GT(ハコスカ)はシルバーの塗装もやれて、メッキはハゲハゲでした。
こっちは日常の足に使っていてガラガラいいながら走ってたけど息絶えたかな?

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。