スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタカローラのCM 昭和42年

幼少のころ買ってもらった「交通の図鑑」で車に興味を持ち始め、当時の車名を全部言い当てた小学校中学年の頃。
各家庭に普及したテレビのコマーシャルで度肝を抜かれたのがあった。

矢を射るオッサン。それを見てからスタートする竜雷太が操るカローラ1100。
矢より先に的に到着し、的の果物をかっさらう。
遅れて届いた矢は果物のあった場所に突き刺さるも、そこにあった果物は竜さんが取った後。
オチとしてガブリとしようとした果物に飛んできた矢が刺さるというものだった。

カローラはそんなに速いのか?すごい車だ・・と純真なボクは思った。
当時のカローラは永遠のライバル、日産サニーと熾烈な販売競争をしていた。
コマーシャルの内容も対象限定で「プラス100ccの余裕」とか「となりの車が小さく見えま~す」とかだった。

その後B110サニーはレースで大活躍したものの、市販車としては普通の大衆車のままだった。
一方カローラはスプリンターという車種が派生し、カローラのレビン、スプリンターのトレノという後世に残るスポーツモデルの名車を生み出した。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。