スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロンテクーペ&ミニカスキッパー


メッチャちっこいやんけ~
昔のスズキとは思えんスタイル
2ストのクルマは楽しいよ~




フロンテほど斬新なスタイルじゃないけど、こっちもカッコエエ!
ギャランGTOに似てるのは二匹目のドジョウ狙い?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニカスキッパー

親戚のおいちゃんがこのセダンに乗ってました。確か70年から数年間のオイルショック前(死語!)迄は、2サイクルの軽自動車は元気がありましたね。
別の親戚のおいちゃんがこのGSSに乗ってました。ボンファイアを着けたら、めちゃめちゃアイドリングが安定したと喜んでいました。(ほとんど死語の連発です!)懐かしい車です。ホンダ以外は2サイクルだったんだなぁ、この頃は。スバルレックスもDAIHATSUフェローもMAZDAのシャンテも2サイクルなんだなぁ!
しかし、この頃の軽自動車のネーミングって、結構勇ましい名前でホントに赤面します。

No title

中古車屋の前を通った時に昔のミニカみたいな顔をした軽四があったので、調べてみたらアルトラパンでした。
今日はこれの”SS”というグレードのものを見かけました。
SSは昔のフロンテSSを彷彿させるエンブレムですが、これは同じ会社だから良いとして、ミニカ顔は三菱のパクリやんけ~と思いました。

2サイクル軽自動車の秘話?

その昔、BRIDGESTONEが二輪を作っていました。多分、最大排気量が350スポーツとか言う二輪です。2サイクルのロータリーディスクバルブの二気筒でした。しばらくして、BRIDGESTONEは二輪から撤退しましたが、その2サイクル二気筒350のノウハウをある四輪メーカーに売り飛ばしたのです。
MAZDAです。シャンテがその2サイクル二気筒350エンジンテクノロジーを受け継いで世の中に出たのです。
これって、結構知られていない事実ですよ。
シャンテにはオプションのクーラーがありました。泣かせる70年代の秘話です。軽自動車最大のロングホイールベースでした。
おしまい!

No title

ほぉ~、その話はトリビアでした!
シャンテはそこそこヒットしましたね。
特にこれと言って特徴はない平凡な車だったけど。
ブリジストンと共同開発!なんて謳ってたら巨大企業ブランドに弱い層も掘り起こせたでしょうね。
タイヤ屋の開発したエンジンということでプライドが許さなかったのかな?

2サイクルの軽自動車

日本の国産車の黎明期には、小型軽量で構造の簡単な2サイクルが軽自動車にはもってこいだったのでしょう。昭和の40年代始め迄頃の2サイクル車両は、混合でした。学校の通学路の水溜まりには、マフラーから垂れた2サイクルオイルの虹の輪がところどころ出来ていましたね。ガソリンスタンドでも、混合油を手回しの給油機で販売していました。懐かしいですね!
軽自動車が550になった時には、猫の顔は中学生でした。SUZUKIのアルトとキャリイ、フロンテ、セルボのみが2サイクルでした。

No title

2輪でも4輪でも2サイクルのエンブレに馴れきった人が4サイクルでのエンブレでビックリしたもんです。
特にワイドレシオの4輪では顕著。

それにしても今の軽のでかいこと。
丸々太ってぐうたらな動きしかしない犬や猫を思い浮かべます。
かと言って360の軽は傍目から見ればかわいいけど、いざ乗ってハンドルを切ると右腕はドアに、左腕は同乗者に当たってうっとおしいし、天井の圧迫感で息が詰まりそう。
よくあんなのに乗ってたもんだと思いますわ。


プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。