スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタのこと

2.jpg



えっ?トヨタって軽作ってたの?知らんかった~。

前を走る軽四。
後部には間違いなくトヨタのエンブレム。
よくある「GT-R」とかのエンブレムを貼り付けてるのか?とも思ったが・・。
ググってみると子会社であるダイハツからのOEMなんですね。
中身はダイハツでもマークがトヨタだと信頼性が上がるような気が・・・。


トヨタと言えば「トヨタかんばん方式」が有名。
昔勤めてたジーンズメーカーの工場もこれを取り入れてました。
経営者たる者は極力無駄を省き効率アップを望む。
セコく生きなきゃ会社は大きくならない。


効率アップ?セコい?・・んでトヨタ?

この三つのキーワードで頭に浮かんだのが昔のTSレース。
B110勢に苦汁を舐めさせられてたトヨタがやったことと言えば・・・

そう、KP47スターレットのDOHC化!

OHVの効率化に試行錯誤し、結論が「構造をかえてしまうんだぎゃ」「同じOHVではサニーに勝てんでよ」
と姑息な手段に出た。
結果いくつか勝ちを収めるが素性が良く熟成されたA12エンジンは手強かった。TSレース

片や高回転が不利とされる”棒”の付いたエンジン。
一方はカムが二つも付いたエンジン。
優劣の差は明らか。
でもモータースポーツっていうのは良く出来ていてパワーがあれば良いってもんじゃない。
シャーシや足回りの熟成度も大きく関わってくる。


トムススターレット、クワハラスターレットがあまりにもカッコ良かったので後にKP47を購入するが、市販車は所詮1200のOHV。
高回転の頭打ちが早かった。
一時友達にもらったB110サニーにも乗ったけど、こっちは同じOHVでもモーターのように回った。
でも4ドアセダンだったし青メタの色だったので短期間で返した。

それとTSレースではサニー、スターレットに混じってシビックも走ってた。
当時の市販車のオレンジのシビックRSは欲しかったなー。
乗る機会が無かったけど、乗ってたやつ曰く「メッチャ速いでぇ~」とのことだった。


姑息な手を使うトヨタ、車輌開発の理念は良いが営業面で弱い者いじめをするホンダ。

でも気が付いてみると所持した四輪の9割がトヨタ。
二輪はホンダ。

やっぱりクルマはトヨタ、オートバイはホンダやなぁ~w


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DAIHATSU

その昔、75年頃、DAIHATSUは全て自社製のシャレードを発売しました。当時の雑誌には、これはDAIHATSUの設計ですから、と連発するDAIHATSUのスタッフの意気込みが印象的である。と書いてある。当時でも、既にトヨタの傘下にあったDAIHATSUの意地を見せた車である。DAIHATSUの技術は侮れない。1000ccで3気筒だもんな。もしかして、M型の半分か?
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。