スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康管理

会社の同僚がガン宣告を受けました。
過去に弟さんをガンで亡くしてるので、本人もその可能性を否定できず検診に行くのが怖くてズルズル引き伸ばして病状が悪化したようです。

悪性とのことですが不幸中の幸いで他への転移は認められなかったようです。
但し舌癌という事で腫瘍のある舌を取ってしまわなくてはなりません。
舌を取ると食物を食道に送り込むととが出来なくなり、同時に声帯を取らねばならないそうです。
つまり完治しても一生声を失うのです。

昨日連絡した時は声を失うことになるということを知らない段階だったので「どない?治った?忙しいねんから早よ出といでや」「そんなトコ(病院)長いこと居ったら病気なるで。早よ帰っといで」などといつものように冗談9割の感じで明るくしゃべったんですが、声を失うと聞いて何て言ったらよいのか冗談が出ませんでした。
「医者は考えられる全ての可能性を、最悪のケースも含めて言うんやから、最初の投薬や放射線治療で良うなるかも知れんし・・」と言うのが精一杯でした。

言葉や音、光を失うって想像できないくらいに苦しいことだと思います。
今彼は医者に言われた”心の準備”期間で来週早々に入院します。

自分に置き換えたらそんな状態で生きてゆくのが辛いのでいっそ・・と思いますが、家族や周りのものにとっては死んでしまうのはもっともっと辛いことです。
できることなら元の状態で戻ってきて欲しいと願ってます。


去年の初めに親友を”心不全”で亡くしたショックは時間が経っても癒えません。
彼の場合は以前にくも膜下出血で奇跡的に九死に一生を得たんですが家族を養うためにかなり無理をしてました。
今回の同僚もそうです。自分より4歳年上の年齢でしんどい仕事をこなしてました。

みなさんも無理をせねばならない状況もあると思いますが、自分のため、家族のために「調子悪いな?」と思ったら早めの検診を心掛けてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。