スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道路の走り方

まずはこの動画をご覧下さい。





コメント欄にもありますが、カーブでトレーラーやトラックと並走してはいけません。
特にコンテナの場合積荷の状況が運転手にはわかりません。
片荷になってるかも知れないし、固定が不十分で片寄りの可能性もあります。
俗に「海コン」と呼ばれる海上コンテナは海外などから船で運んできたコンテナをトレーラーがそのままの状態で引っ張ります。
税関職員などがコンテナの扉を封印するので運転手はコンテナ内の状況を知ることができないのです。

さらにトレーラーの頭の部分(トラクター)と牽引部分は別の挙動をします。
頭が真っ直ぐであってもケツはすごく傾いたりしてます。
この挙動は運転手には伝わりません。

運転手はカーブではマージンを取って制限速度よりかなり低速で曲がります。
しかしコンテナ内の荷の状態によっては簡単に横転します。

また積車のトラックは赤信号で停止する際に積荷のトン数と相談した車間距離を取ります。
そこに横から突っ込んでくるバカをよく見かけますが、こういう輩は自らオカマを掘られる確率を上げているんです。

皆がかもしれない運転、防衛運転を意識したら日本の道路はもっと快適に走れるはずです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

動画見ましたけど、怖いですねー。
積荷の状況が分からないまま運転させられるほうもたまったもんじゃないですね。
事故を起こせば運転手の責任というのもこれではどうかと思います。
カーブでトレーラーの外側に並んじゃいけませんね、とりあえず自己防衛ですね。

No title

内輪差だとかジャックナイフなどの揺り戻しでインも安心できないけどアウトよりマシです。
コンテナなんかは別だけど、基本的に輸送中の荷物事故は運転手の責任で個人負担の弁済になります。
ダンボールケースの荷物でも内容物によっては角打ちなどの箱の変形でアウトです。
弁償させられて商品は貰えないのが普通です。
なのでそういった積荷の時は「急」の付く運転は厳禁です。
そういうことがあってタイミングによっては信号無視をします。
無理に止まって自腹弁済なんて目も当てられません。
前に割り込んで来て急停車するバカがいた場合、積荷によっては追突したほうがマシです。
高額だった場合運送保険で賄えれば免責分で済みますが、高額すぎたりしたらそれで済まない場合も出てきます。
ていうかそんなバカのために自腹はあほらしいので交通事故にして保険会社に払わせるようにしないと普通に走ってる方が損をします。
ただそうなると車の修理費がかかってきます。
保険を使うことになっても免責分が必要ですからね。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。