スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セプテンバー

一昨日の夜は現場の藤枝市にほど近い、R1静岡市に入ってすぐの道の駅「宇津ノ谷峠」。
上り下り両側に施設があります。
朝起きてWCに行こうとすると、視界に入ったのが懐かしい姿のオートバイ。


201209010815000.jpg
携帯なんでピンボケ


おお、懐かしいな~。16で免許を取ってはじめての愛車がこれの350だった。
タンク横に付いてる”ニーグリップラバー”が時代を感じさせます。

一通り観察したけど、オーナーは綺麗に再生する気は無く、あくまでもオリジナル重視派のようです。
破れたシートもそのまま。
横のベンチにオーナーが寝てました。
肖像権もあるので撮影は控えましたがそのオーナーさん、正に70年代からタイムスリップしてきたような方でした。
服装、宇崎竜堂さんのようなサングラス。どれをとってもあの頃の自分たちでした。

間もなく待ち合わせの仲間が到着・・・したんだけど、その2台は共に真新しいKTMのオフ車。
見繕いも業界ブランドで固めてる。
その3台が一緒に走る姿を想像するとものすご~く違和感があるけど友達だからしゃーないか。

あとここの道の駅の名物「びっくりぎょう天丼」を食べてみたかったけど時間が合わず断念。
静岡は桜エビのかき揚げ系がうまいな~。


昨日は藤枝から帰阪。
途中のR25名阪国道でミラーを見るとツーリング軍団が迫ってきていた。
右側を追い越してゆく数代目にキャンディゴールドのCB750が・・・と思ってたらその斜め後ろで千鳥走行するのはRS750。
他はありふれた車種だった。
とりあえず軍団のケツに付いたけど程なく離されてしまった。
ただチラッと見えたRS750のライダーが”ヤンチャ風”の若者だったので、ZⅡじゃなくゼファーか?と思ったけど、横を抜ける時に見たエンジンとサイドカバーのエンブレムはRS750だった。


その軍団との遭遇前に立ち寄った道の駅伊賀。
藤枝を11時に出て5時間半ノンストップで走り、初めての休憩。
そこの「みそ焼きうどん定食」がB級グルメで評判。


201209011644000.jpg
こちらも携帯なんでピンボケ



今回で2回目だけど、なかなかイケる。
ただ¥800はちと高いな。
そこは取り放題の漬物、「伊賀漬け」や「ピリ辛瓜漬け」などをしこたま取ってカバー。


それと浜松のバイパスが下に降りたあたりに新しくできた「山岡家」のラーメン。
関西には無いが東寄りではあちこちで見かける山岡家。
長距離ドライバーの間でも高評価なんで今度立ち寄ってみよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おお懐かしい

当時RS750は私の憧れでしたね~
私はバイク通学(250ccまで可)だったのでCB250セニア乗ってました。
250ccなのに友人のDT125に全く付いて行けなかった悔しい思い出があります。
万太郎さん体に鞭打って運転頑張って下さいね~

No title

>爆走さん

なるほど、それがトラウマになって2スト改に走ったんですね。
同じ2ストフリーク(現在はチャリダーになりきってますが)のおっさん(bun)も、当時から危険な特性の2ストに乗ってました。

バイク通学OKというのが羨ましいですね。
こっちは(表向きは)陰に隠れてのバイク通学でした。

もしCB250がSS250であったり、DX250、DT250などだったらまた違ったオートバイライフになってたのかな?

身体にムチ打たれて・・いや、ちゃうちゃうwムチ打ってまっせ~。
そっち方面で時間がある時にはギョーザでもご馳走になろうかな?
王将とどっちがうまいかな?

いえいえ、2stは

>満太郎さん
40歳前はDAX5台、モンキー2台、シャリー、カブと4stばかり弄ってました。
何度か年下のメンバーとツーリングにも行きましたが、マナーの悪さにがっくり。
またモンキー乗りのお金を掛けてブランドもんパワーや見栄張りに嫌気がさして嫌いになりました。とどめはヤフオクで出品したパーツにモンキー乗りの脅し、恐喝にあって大嫌いになり、健全な2stに移行しました。
高校は工業高校だったので、校長先生が自分でメンテ・修理できないとねと。
餃子は王将には歯が立ちませんが、そこそこうまい正嗣がお奨めかな?
(昔勤めていた会社は大阪に本社があり、守口・門真・茨木・枚方等良く行きました)

No title

ありゃ、その地名に共通する企業は・・・
そのさんのHPに来ていたピアノマンさんと同じところじゃないですか!
またうちの弟が勤める会社が吸収された先~!

確かに4ミニ(これで過去に盛り上がりましたね。ネタ振りは”やまだ”さん。「それじゃぁ関東ではヨンストと言うんですか!」とエキサイトした”minosa”さん。懐かしいなぁ)乗りの多くは金にモノ言わせて・・タイプが多いですね。
逆にvanvanに4ストを載せたツワモノも居ましたがw

でもエエなぁ。その時の気分で色んなモノ乗れるから。
ただし、確実に身体の老化が進んでることを肝に銘じて。
前に”おっさん”のポッケに乗った時に全開にできませんでした。
そちらのポッケなども同様のパフォーマンスと思いますんでw

「正嗣」ですね。覚えておきます。

エクスポート

懐かしの1台でえある。エクスポートである。セニアはFがディスクであるのでここで見分けること。欠品なしの貴重な1台である。この上下ツートーンのタンク(先輩の方々は弁当箱タンクというらしいが)は30PSである。そのあとの流れるラインのタンクで27PSである。いやあ、まだ乗っている人がいるんだなあ。嬉しいなあ。黒とメック仕様のCB250もあったがメーターがコンビメーターであり、泣かせる1台である。

No title

>猫の顔さん
自分のCB350、小川(友人)のCL250。
共に単気筒(シリンダーの片方死亡)。
大阪から木津まで出向き、片排2台で奈良公園まで激走!
・・・といっても共に最高速はジャスト80!
信号スタートではオッサン、オバハンのカブ50に置いて行かれ、トップスピード域でようやく抜き返す。
懐かしい思い出です。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。