スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の空から

肺に穴が空いた検事(松平健)が言うように、自分もそう長くはない。よくもってあと30年w

39年前、ここ九州は熊本のやまなみハイウェイで居眠り運転をしてカーブを直進し畑を踏み荒らして草地の土手ののり面に落ちた。
オートバイは電柱から伸びるワイヤーロープがフェンダーとタイヤの隙間に挟まり上で直立してた。
230キロもの車体が落ちてきてたら命の保証は無かっただろう。

その前日、日南海岸にある鵜戸神宮で買った御守りが救ってくれたのだと思う。

翌日には野宿した隣の畑の農家の人が家で朝ごはんを振る舞ってくださり、昼飯にと大きなおにぎりを持たせてくれた。

また、その前の年には徳之島から奄美大島に行くつもりが船から降り遅れて仕方なしに行った九州はやはり日南海岸。
ここの油津という駅で野宿をしていて、駅前のロータリーに止まってるバスのラーメン屋さんに居た地元のおっちゃんが、アルバイトして旅行とは若いのにエラい!と言ってラーメンをご馳走してくれた。

久しぶりに宮崎に来て、ずっとそのことを思い出してた。
ラーメンのおっちゃんは無理だが、天草の農家は判るかも知れない。
それと踏み荒らした畑の農家の方。
こちらも現場に行けばひょっとして思い出すかも?

生きてるうちに並列4気筒のジュオ~~ンというやつでそれらの方々にお礼とお詫びがしたい。

でもよく考えたら当時から居眠り運転してたんやなw
20台の頃にサーフィン行く時も居眠り運転は日常茶飯事やったしw
そして今も毎日が睡魔との戦い。
もしかして俺って眠れる森の美女の生まれ変わり?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

守護神

確かに守護神はいると思いますが、眠れる森の美女は違うのではないか?
ミンダナオ島あたりのナマケモノがご親戚では無いでしょうか?
生きてる間に四基筒は、いい考えですわ!
是非ともホンダのナナハンでお願いします。
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。