スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の愛車たち

はじめてのマイカーがKP47スターレット。
当時若者の間ではB110サニーが人気だった。
速い(そこそこ)、安い(当時15万前後、GX-5は別格)、カッコイイ!
A12エンジンは良く回った。シャコタン、ワイドタイヤ、全塗装が定番だった。

1970年大阪万博が開催され、閉幕後の万博外周は地元走り屋のサーキットと化した。
カペラロータリー、サバンナRX-3、サニー、チェリーX1-R、セリカ、レビン、トレノ、シビックRS・・
色んな車が走り回った。
中学生から高校生の年代だったボクらは車の免許が取れない年齢だったのでもっぱら観戦だった。

富士スピードウェイのTSカーレース。サニーの独壇場だったところに割って入ったのがトムススターレットをはじめとするKP47スターレットとシビックRS。
スターレットは確かDOHC化されて市販車とは別物だったと思う。
でも若者は動力性能よりカッコ優先。

サーキットでの雄姿に魅せられてKP47に乗り出したが、いかんせんOHV1200では所詮知れた走り。
当時大径だったφ50のマフラーとタコ足で音を楽しんだ。
今のようにエアコンなんてモノは無く、ダッシュボード下に吊り下げられたクーラーがまた効かない。
パワステなんて高級車だけのものでそんな機能の付いてないハンドルを小径化したもんでメッチャ重い。
なんだかんだ言って結構気に入ってた。
ただ中古で買ったこの車がちょいラリー仕様だったのがドロ沼への入り口だった。


images.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。