スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大公開! 男の仕事場・・いや安らぎの場

20140213_093951.jpg

青いカーテンの奥が命の次に大事なベッドルームです
左下の黄色っぽいのが孫の手、隣が就寝時用の灰皿、その上の緑っぽい色のものはゴルフクラブ、白と青のものはアルコールウエットティッシュ、コードはイヤホンマイクですね

ベッドの寸法はL=キャビン巾に近い2300
w=600という狭さです
マットは2重に敷いていてクッション性は充分です・・がもう1枚増やそうか?と思ってます
でもあまり快適すぎると増々布団から出られなくなるな


20140213_093721.jpg

頭側です
枕が低いので座布団を敷いてます
就寝時は当然運転席の背もたれを前に倒します
両サイドからフロントガラス正面にかけてラウンドカーテンを閉めて大切なプライバシーを守ります


20140213_093629.jpg

足元側です
ホームセンターで買ったダウン50%の安物では寒さを凌げないので内側に起毛の毛布が丸まってます
左上のカレンダーは出入りの車屋オリジナルの旧車シリーズ
この月はトヨタ2000GTですね
ただし去年のもので蹴とばしたりしてシワクチャです


この狭いスペースで寝るわけですが慣れれば非常に快適です
トラックの寝台じゃゆっくり寝れんという声が多いですが自分はモーマンタイです

九州~東京あたりの太平洋側ではヒーター全開では汗をかいてるばあいがあります
北陸や東北では水温が落ちたら自動で上げる"エンジン温めまっせスイッチ"を入れてても朝方は寒いです
信州の標高の高いところの−10℃レベルでは温めまっせスイッチはその役目を果たしません


ちなみに観光バスの寝床はどてっ腹にありますスーツケースやスキーを入れる収納の隣です
ハイルーフのキャビンのトラックでは2段ベッドもあります

長距離トラックの事故原因で一番多いのが過労によるいねむり
快適な就寝環境が事故防止につながる・・が持論の自分はよりエボリューションした就寝環境を目指すぞ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

就寝場所

満太郎さん、二段ベッドやら、観光バスの土手っ腹やら、なかなか貴重なお話をありがとうございます。
よく高速のパーキングでトラックの皆さんが寝ていますが、ほとんどエンジン駆けっぱなしとおもいます。夏場、冬場は空調が無いととても眠れないでしょうが 、安全運転でお願いしますよん!無理しないでください。

No title

居眠りで何度も危機一髪を味わってるので、最近は我慢せずに休んでます。
事故が続いたバス業界は各社ともアベレージスピードが落ちてます。
また会社によりますが600~700キロ超えの行程では交代要員ありの二人体制になります。
トラックは1000キロ超えでも一人&積み下ろし。

昨日は一旦帰宅してたのでyoutubeで例の平馬&若山を見た後ラリー動画を見てたので、会社までの乗用車の運転がマクレーになってましたw

今日はこちら大阪でも雪ですが、東京も今日明日がひどいようなので気を付けて・・というより雪はホームグラウンドみたいなもんですね。

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。