スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況

先々週にPET CT検査を行い、翌日に内視鏡検査をやってきました。
PET CTとは、がんの好物であるブドウ糖を含んだ放射性物質を体内に注入。
すると癌細胞がある場所に薬液が集まり画像で見るとその部分が光る・・・というやつです。
薬液注入後1日くらいは5歳以下の幼児を1m以内に近づけてはいけません。
被曝するからです。
・・ということは自身はモロ被曝ということ。
ゴジラやハルク状態です。
PET CTの画像は下記の感じです(拾い物画像)




 検診にて異常が見つかった60台男性。PET-CTでは、右肺門と縦隔リンパ節にFDGが集まり、原発巣(赤矢印)とリンパ節転移(ピンク矢印)と診断された。生検で低分化腺癌と判明し、手術が行われた。
 全身像白黒、横断像は上から順にPET白黒像、CT、PET-CT融合像(カラー)。

petct2.gif
petct4.gif




次に行うのは外科手術による患部の組織取り出しで取った組織から病種を判断します。
悪性リンパ腫は50~80の病種があり、その種類によって治療法が異なります。
異なると言っても基本の化学療法(放射線、抗がん剤)での治療というのは変わりません。

定番部位の首脇鼠径部だと患部を取り出すのは容易ですが、自分のように内臓周りとなると腹を裂くことになります。
腹腔鏡でやってみるが無理だったら切開という手術になります。
Xデーは6月11日。

自覚症状がないのであまりピンとこないのが現状ですが、名優の高倉健さんもこれで亡くなってます。
女優の大谷直子さんも余命半年宣言をつげられましたが現在もお元気なようです。
死亡率は日本人男性で10万人に4人ということらしいけど、病種によっては再発も多いようです。
なのでこの病気が良くなっても「完治」とは表現せず「寛解」と表現します。
とりあえずは一旦治まりましたよという意味合いです。
ネットで関連情報を調べまくってますが、闘病記ブログを拝見してると見事寛解された方、病魔に屈してしまわれた方様々です。

この病気のやっかいなところは早期発見がし難いということです。
強い自覚症状がないのでおかしいと思い受診した時にはステージ3くらいに進行してます。
運良く他の病気で受診したときに検査で発見された場合はステージ1、2という場合もあります。

http://www.gan-info.com/321.8.html

上記URLに記されてますが、非ホジキンリンパ腫で5年後に生きてる確率はステージ3や4で50~70%。
またステージ3、4であって適切な治療を受けたにしても平均生存率は10年ということがサラリと書かれてます。
先の10万人に4人の比率とは矛盾するような気がしますが、この辺はまだ詳しく調べてません。
先のことより目先のことでの難題優先です。


< 本人が言ったかどうか真偽は別として現在東京の区会議員の筆談ホステスさんの名言>

難題の無い人生は、無難な人生。難題の有る人生は、有難い人生

辛いのは、幸せになる途中ですよ。 「辛→幸」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

無事のご帰還をお祈りしています!武運長久!

No title

がんばってきます
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。