スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW2002ターボ、アルファロメオ ジュリアスーパー・・

「カッコイイ」車の定義とは人それぞれだが、一般的に流麗なスタイルということになるのだろう。
スーパーカーの一連であったり、国産ではフェアレデイ、初期の117クーペ、トヨタ2000GT、初代コスモスポーツ、初代シルビア。
またダックテールのギャランGTO、セリカLBなどなど・・・

スポーツモデルの基本であるワイド&ロー。
これと真逆のスタイルでありながら「カッコイイ」と思う車がある。
いわゆる箱型の無骨とも言えるスタイルの車である。
その中でアルファのジュリア、ジュリエッタ。BMW2002なんかのスタイルはすごく好き。

以前に近所のカルフールの立体駐車場のスロープを上がってる時、前を見るとおじいちゃんドライバーの運転するシルバーのアルファジュリアが独特のサウンドで登ってた。
ジュリアのテールデザインは日野コンテッサみたいで決してカッコよくは無い。
無いけどそれがカッコイイ。

腐るほどお金があるならセカンドカーに欲しいところだが、赤貧の身分では夢のまた夢。
世話する費用もかかるし、何よりもオートエアコンやパワーウインドゥ、パワステなどがあたりまえになってる現代車に馴染んでしまった体ではファーストカーにはとても無理。

小市民は画一化された面白味の無い現代車で妥協するしかないのである。


bmw2002.jpg



あるふぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2002の”箱”感が最高にカッコイイですね。側面のちょっと上目なモールも直線的にそのまま一周して箱を際立たせて非常にカッコイイです。
エンジンのデザインもカッコイイ。ベレG捨てて欲しいくらいです。外装はターボでもあえてウェーバーX2の方がダントツかっこいいと思いますがね。メカポンインジェクションも良いですがコストパフォーマンス的に考えれば・・・

Re: No title

やっぱ燃料供給装置は気化器でしょう。
今の若者にウエーバーやソレックスと言っても、何それ?でしょうね。

何でもかんでも電気仕掛けというのも興冷めやけど、冷房装置だけはエアコンがええなぁ。
昔は回転が上がっていないと切れるクーラーというやつで夏場は泣かされた。
というかクーラー装着車自体が多くなかった。

ハンドメイド117に相通じるベレGのアールもいいと思いますよ。
ただシャレたデザインの国産車の多くが外国人デザイナーというのがひじょ~にさびし~ぃ(財津一郎風に)
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。