スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1970年 ミニバイク

映像の投稿者が言われるように当時はミニトレやDAXなどのミニバイクに乗るときは目一杯の「逆ニーグリップ」が基本姿勢だった。
特に通常のタンク形状じゃないDAXは・・・

①シートの最前列に座り背筋はピンと伸ばす

②そのためにハンドルは前方に倒し立たせる

③足の開脚角度は限りなく180度 

④車線変更はクィックに、必要以上に行なう
(車線内での用の無いスラロームも大事。ただハイサイドのリスクも)

このライポジが出来ないと乗る資格なし!

たとえ70ccであっても2stのハスラー50やMR50、トップスピードでは4stのCB50にも適わない。
なのでこういった自己主張をする。


高校生の頃、学校の同級生でミニトレとハスラーに乗ってる奴等と日本海にツーリングに行った。
当時自分は大きいやつに乗ってたので地元の友人にミニトレを借りて仲間に合わせた。
現地でマフラーを外して爆音~♪とか言って楽しんだけど、マフラーを外した方がスピードが出た。
2stの構造上おかしいことだが、カーボンが詰まってたんだろう。
持ち主は全くのメカ音痴だから。
雨に祟られ、燃料も底を付いてきたが持ち金はわずか。
あまりの眠さに雨の中の休憩地点で爆睡。
二人に起されて「燃料調達したから行くぞ」と言われ出発。
40年近く前のことだし~、この件は自分は関わってないし~どういった「調達」かは時効と共に闇の中。

能勢まで帰ってきて焚き火で暖を取りながら爆睡。
ふと目を覚ますと火に向けて立てかけてあったオレのトレーナーが燃えてる~!

断片的というか殆ど記憶に残ってない青春のひとコマでした。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。