スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TE71GT・KP61スターレット

img_804951_9713268_0.jpg
              (同型車)


コケて修理したKP61丸目でラリー、ダートラの真似事をしばらくやった後「やっぱりマイカーは普通に乗らなあかん」とTE71 4drGTに乗り換えました。
なんぼ普通といっても若い時だからそこそこ走って欲しい。
当時の国内ラリーは機関ノーマルという規定があったので、ストックで素性の良い車種がチョイスされてました。
下のクラスではFFになったEP71スターレット、上のクラスではジェミニZZ、TE71からランサーターボに移行してる時でした。
TE71はセダン、クーペ、ハードトップとありましたが、競技ではバランスの良いセダンが主流でした。
71やジェミニは競技をするにあたって補強は必須でしたがランタは地方競技レベルでは補強無しでいけたんですね~。

で、71。当時の彼女(現嫁)がガタガタするクルマ嫌や~!と文句抜かしよるんでフルノーマル。
昔乗ってた37ほどの勢いもなく面白くなかったんで短期間でまたまたKP61に乗り換え。

今度のは角目最終型(FR最終型)で、やっぱしノーマルで乗ってました。
この時6年間付き合ってた現嫁と結婚。
落ちつかなあかんと結婚後少ししてマークⅡに乗り換え。
初めての新車購入でした。
この後ビッグホーン、アルトワークス、クラウンと乗り継ぎ現在はレガシーを置いてます(全然乗らんので車検切れたまま放置)

雨の日はクルマがええけど、信号待ちや渋滞で並ぶの嫌い。
オートバイだったら渋滞知らず(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

欲しかった車

猫の顔はトヨタ自動車が嫌いでした。でも、オブ・アンダーソンのおっさんが走り回るCMを見てトヨタ1300スターレットが欲しくて仕方ありませんでした。「較べたし!」のコピーで良く売れました。先輩がこのKP61の4ドアS(緑色)に乗っていました。カタログも持っています。結局1回も所有したことはありませんでした。TE71の4ドアGTも大好きでした。これもカタログ持っています。落ち着いたフォルムに熱いDOHCエンジンが素敵でしたがとてもとても買えませんでした。自衛隊に行ったN君がこの71のレビンに乗っていたので、2速全開をしてもらいましたが、高速域でグイグイと伸びる感じがDOHCなのだなあ?と一人で合点していました。
現在でも好きなトヨタ車はKP61とTE71の4ドア車なのです。ヘッドランプはシビエにするのが流行でした。顔つきも変わるしね。ハンドルはもちろんナルディクラッシックです。いい時代でした。

No title

KP61は良く出来たクルマだと思いました。KP47はスタイルは大好きだったけど力不足は否めません。
TE37やTE71はTE27と比較すると牙を抜かれたという評価でしたが、2T-Gエンジンは実によく回りました。
これはトヨタの技術じゃなくヤマハの技術だと思ってます。
当時ラリー、ダートラをかじってたので自分の収入と見合う戦力のあるクルマは?となるとそのへんになりました。
もっともトップクラスがAE86の時代にTE71、EP71の時代にKP61と型遅れでした。

当時ラリーのレギュレーションがエンジンや吸排気はノーマルだったので、全日本戦を戦う選手達がチョイスするものがストックで一番優れてる市販車となります。
上のクラスでTE71、ジェミニZZ~AE86、ランサーターボ。
下のクラスはKP61~EP71・・ん?スターレットばっかりやんけ?

でもパワーは置いといてエンジンがよく回るということではA12エンジンのB110サニー。
OHVながら実に小気味良いエンジンでした。
と、忘れてはならないのがサバンナRX-3。
こちらは暴力的なパワーも兼ね添え、ロータリーエンジンは正にモーターのごとし。
ただロータリーのチューンアップ車はレシプロのチューンアップ車と較べると爆音だった。
静かさが売りのエンジンが豹変した。
サーキットから抜け出してきたようなごっついワークスフェンダーにCR88のセミレーシングタイヤのサバンナ、それはもうシビレました!
プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。