スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生50年

今月初旬に辛い出来事があって何もする気が起こらずブログも放置してました。


1月11日、同級生の友人を亡くしました。
心不全とのことでした。

長距離大型トラックの運転中に亡くなったと別の同級生の友人から連絡がありました。
そう聞いても頭では理解出来ず亡くなったという友人に電話してみよか?と思ったりしました。

高校生で同級になり友人になりました。
卒業後しばらくは親交が続いたけど、世間一般のみなさんがそうであるように、お互い職場関係の友人が増えたり家庭を持ったりやらでだんだん疎遠になってゆきました。
40代半ばの時にふと「あいつらどないしてんのやろ?」と連絡を試みました。
訃報を伝えてくれた友人が家業を継いでいて連絡先が当時のままだったので簡単に連絡が取れ、約30年ぶりに3人の親交が復活しました。

しばらくして自分とその友人が時を同じくして求職活動するハメに陥りました。
50を過ぎてからの就職はとても困難で、建設関係を中心に10数個の資格を保有する友人でもおいそれとは見つかりませんでした。
毎日のように連絡を取り合い、情報交換やグチのミーティングを開きました。
一足先に自分が決まり、程無くして友人も決まりました。

お互い同じ職種なので共通のグチが数多くあり、ひんぱんにミーティングを開きました。
友人が車で来て缶コーヒーを買い、近所に車を止めてのミーティングです。
また、仕事中にもグチメールの交換を頻繁にやってました。

こっちは地場、向こうは長距離。肉体的にも向こうの方がハードです。
休みの日でも、翌日の荷降ろしが関東午前中なら昼から出発して行きます。
睡眠時間は普通の人の半分以下で大半がトラックの寝床です。
家族を養うために必要最低限の収入を得るために選んだ結果です。

親交が途絶えてた頃に友人はくも膜下出血で九死に一生を得ていました。
症状の差こそあれ、後遺症も無く無事に復活出来たのはまさに奇跡です。
友人は「オレはあの時死んでた方が良かった。ほなら保険金で家族は安泰やったんや」とよく言ってたが、殆ど死ぬか後遺症で苦しむ病気から奇跡的に復活したということは神様が「お前はもうちょっと生きろ」って言うてんねんぞ・・とよく話してた。

連絡を聞いた夜が通夜だったんで仕事が終わってから飛んでいった。
耳で聞いても自分の眼で確認するまで信じられなかった。
連絡をくれた友人が「眠ってるようやった」と言ってた通りの感じだった。

これは寝てるか一時的な心肺停止状態なんや・・と棺おけを揺すってみたが起きる気配が無かった。
自然と涙があふれ出た。
祖母などが80いくつで天命を全うし永眠するのと違い、親族でなかっても自分と同い年の50過ぎの若さで死んでしまうって・・・。
すごく重い。

関東で信号待ちしていて意識を失い、セミオートマのクリープ現象で前の2トントラックを押し、驚いた2トントラックがよけて前が開き信号機にぶつかって止まったとのこと。
救急車が来た時にはもう遅かったらしい。

オレは1日3時間寝たらOKと言ってたトラック野郎。
くも膜下から復活した際に医師から「タバコはあかんで」と言われながらも家以外ではちょこちょこ吸ってたトラック野郎。
クレーン関係の仕事がうまく行ってれば、その後の鳶の仕事もうまく行ってれば・・
トラック野郎になって愛車の上で殉職することも無かったろうに・・。

                                          合掌



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。