スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備えあっても憂いあり

先だっての妻の事故で双方の保険会社とやりとりしている。
こっちが納得する回答をもらえるならケガの件は泣いて物損にしたろと言うてるのに、意向を無視したかのような回答だったので即人身に切り替えた。
こちらの走行状況を警察に確認も取ったが落ち度は無し。
ただ保険屋同士の話し合いでは横からぶつけられても前方不注意となり当方の過失割合が発生する。
そんなことは解ってるのだが、ぶつけてきた相手側は8割の過失割合に不満があるようなので、妻に任せておけず自分がしゃしゃり出て保険屋と交渉している。

今回の件でわかったことは当方の保険屋、○い○い損保は頼りなく、相手側の保険屋、○保○ャ○ンは世間の評判通り誠意の無い所ということだ。
もうだいぶ長引いてるが、こっちの求めてるのは事故前の状態に車両が戻ることだけ。
痛い思いも目をつぶるし、輩ではないのだからそれ以上のことは求めていない。
前方不注意の過失がついて回る分、10%の過失が当方にあるのなら元の状態の90%に戻せと言ってるだけ。
さてさて前回の話で相手の保険屋がどう出てくるか?
また寝ぼけたこと言ってきたら再三の白紙状態じゃ~。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。