スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぉ!懐かしいやんけ!

懐かしい写真出てきた~w

20151205_133331じじい

1975年7月 九州のやまなみハイウェイ、えびの高原の辺り。
車両は”男カワサキ”のRS750、通称Z2である。
69psに5.9㎏-mで230キロほどの車体を引っ張った。
当たり車両だったのかローでメーター読み120出た。
松下のCB750と小川のCB400fourとよくつるんで走ったな~。

フロントフォークにはお約束の”FIAM”の3連ホーン。
これは前を行くドンくさいのを除去するのには効果的であった。
スイングトップはもちろん”VAN”
裾を17cmに絞ったVANのコッパンと足元は素足にこれまたVANのブレーバー。


20151205_133221じじい

当時のミニバイクであったDAXのポジションと同様180度開脚乗りは基本姿勢


20151205_133552じじい

出発時の神戸港やな。鎌田のパンタロンwww


20151205_133657.jpg

メモ書き


20151205_133454じじい

これは次の年か前の年に沖縄&南西諸島行った時。この時は徒歩。


20151205_133051jijiiじじい

TE-37カローラレビン。27時代から牙を抜かれたけど、それでも110psは当時強烈だった。
この前に乗ってたKP47スターレット同様のクーペスタイルがカッコよかった。
残念ながら峠で30mほど落ちて生涯を閉じられた。
ここで落ちてなかったら日本のマクレーだったかも?

20151205_133111じじい

メーター類はたくさんあった方がエラかったw


中国、韓国について考える

嫁のジュリオのシートが劣化しヒビ割れて雨水が入るようになった。
前回張り替えたのいつだったかな?
おそらく一年も経ってない。1970年代の旧車でもきれいなシートの個体もあるのに。
さすが安物の表皮。もちろん支那製。
防水にもなってないし、生地も薄い。でも原チャリスクーターはこれで良いのだ。
こんなとこだけ一点豪華主義を貫いても仕方ない。

前のを剥がすのが面倒なので上から張ったったw
20140607_083215.jpg
被せてみると前側にどうしても皺ができる
引っ張りながら張ったら少しは解消

20140607_084343.jpg
平面は軽やかにタンタンタン

20140607_085131.jpg
コーナーは張地にハサミを入れて

20140607_092029.jpg
装着~w


使用機器はヤフオクで¥1000くらいの支那製エアータッカー。
これは使える!
支那製で使い物になる道具は数少ないけど、これはOK。
ジュリオ、CRM、ジュリオと三回使ったけど充分な働き。
ただ安物ゆえ安全装置が付いてないので射出口を身体に向けてる時トリガーを引いてしまったら・・・


支那製をもうひとつ。
トラックでスマホに繋いで聞いてるスピーカーの出力が低く、騒音に音がかき消されてしまうので計30wのものをドンキホーテで先日買いました。
¥3800くらいのこれまた安物だけど、必要にして充分。
R、Lスピーカーをダッシュ上に固定。
かさの高いサブウーファーは座席間のコンソールに置く。
そのサブウーファーが開けてビックリ。
本来下に付くべき緩衝クッションがてっぺんに付いとるがな~。

20140603_092051.jpg

さすが中国!
ラインのパートタイマーは「メッチャ安い時給なのになんでこんなに次々と流れてくるのよ!アイヤー!もう!イライラする!」
とか言いながら上下の向きの確認もせずに貼り付けてるんでしょう。
ブランド名もボーズを連想させながら、なんか音響機器でありそうなネーミングw

ちなみにトラックの補助灯に入れてるH3バルブは例の高効率のやつですけど「HIDに近く青白い輝き」と記されてますw
こちらは反日オバハンの国製ですがコピーしたのはいいけど誤字やがな~wというのは大陸と同レベル。
PIAA製とかより¥1000ほど安いのでこればかり使ってます。
仲間内ではこのアイテムを「近ずく」と呼んでます。
「近ずく切れてもうたからまた買うとかな(こうとかな)あかんわ」と言う具合に使います。

清水の舞台から飛び降りる

「清水」とは、京都市東山区にある音羽山清水寺のことで、北法相宗の総本山。
清水寺には高い崖に張り出して作られた舞台があり、その崖から飛び降りると所願成就のときに怪我をせずに済み、もしくは死んで成仏できるといわれ、身を投げる者が絶えなかったという。
その舞台から飛び降りるほど、必死の覚悟で実行するという意味。
多く値段の高い物を買うときや、値段を大きくまけるときなどに使われる。


・・で飛び降りたのがコレ



ホンダビンテージライダースジャケットなる品物。
EX-S3Cという品番。
春秋、夏の夜などの時期に着てたやつがボロくなり安物でも買おうかとオークションでUSエアーフォースのパチもんのを落札したら、さすが中華製。
ラベル表示はXXLなのにタグはXL。
袖ぐりは細いし長さは短いしで使い物にならん。
やっぱオートバイ用品屋やメーカーの出してるやつの方が機能性にも優れるしということで近所の用品屋をリサーチ。

家から5分圏内に南海部品、クシタニ、ホンダドリームがあるがクシタニとホンダドリームは高いのしかないからパス。
南海部品、バイクセブン、DS.2りんかんなどを回ったけど高い。
ならばネットでと探してみても若干安いくらい。
目星をつけた品物のサイズを比較してみると同じメーカーであってもモノにより差がある。
で、見てるうちに「これは?」というのを発見。
ビンテージな雰囲気がクラブマンに合うし、昔のカフェレーサー風のデザインがエエやんけ!と値段を見たら3Lサイズで定価¥21000!
でも一度欲しくなれば視野は3゜くらいに狭まる。

どうやら今年出た新商品みたいで、どこでも割引は2割引まで。
ヤフオク、Yahoo!ショッピング、楽天、アマゾンなどをチェックし一番安いヤフオクで落札。

仕事の移動の途中で家に寄り届いていた商品を持ち出し袖を通してみた。
やはりお約束のパット類は邪魔。
早速いつものように取り外す。
せめて背中だけでも残せばいいんやろけど、俺はコケない!の信念で走ってるから大丈夫。

ホンダドリームに部品発注に行く時にコレを着てればスタッフの心証も変わる?
モノを買うわけでもなく修理に持ってくるわけでもなく、部品だけ注文して何も買いよれへんと思われてるだろうから。

各都道府県の走り方

全国を股に掛ける長距離運転手の総括の意見です。


<東京>
アクションを起こしたい前から自分のナンバーを周りにアピールしておくのが事前準備。
ある程度自車をアピールできたらあとは簡単。ウインカーを出すだけ。
「あぁ、田舎者か」と普通に入れてくれる。
迷路のような首都高では特に有効。

<名古屋>
全般にスピードが高い。右左折前は速めの進路変更で車線をキープ。
市内各所に見受けられるが、一番右車線は直進、右から2番目が右折レーンという構造が多々あるので注意。

<青森、秋田>
平常時は美しい景色に見とれがちだけど冬場はすべてが白一色になる。
まるで白黒映像に切り替わったように一切のカラーが無くなる。
一般道、高速道共に道路の境界線が消える。
中央分離帯も無くなり、どこからどこまでが自分の陣地か判らない。
たよりは路肩にわずかに突き出る赤白模様のスノーポール。
冬場にここらを走る時は地元ナンバーの乗用車のケツはいいが、間違ってもトラックやトレーラーに追従してはいけない。
まぁやろうと思ってもできないだろうけど。
特に全国区で展開してる大虎運輸は速いので有名だが、彼らはWRCドライバーと同じで雪道でもドライ路と同じ。
観音に「aomori」「yamagata」「miyagi」「fukusima」なんて書いてある黄黒カラーのトラックが来たら速やかに
進路を譲ろう。
でないと豪雪の東北道で自速100キロでの2mテールトゥノーズを食らいます。

<福島>
県民の方は気を悪くするだろうけど、業界では天下一品のマナーの悪さと言われてる。

<長野(松本)、四国4県>
"松本ルール"と言われるローカルルールがあり、右左折で直線に合流してくる車両が優先されるケースが多々ある。
そのため直進中に前走車がいきなり停止する可能性があるので周りに注意を払って運転しなければならない。

<北九州>
割り込んだだのの走行時のトラブルはご法度。
特にラグジュアリーセダン系は触らぬ神に祟りなしだが、最近は軽四も多いから静かに通過するべし。

<大阪>
基本みんなアクセルオンとブレーキの繰り返しで前車に張り付きテールトゥノーズで走行している。
ウインカーの意思表示など屁の役にも立たない。
熟練者は「俺は入るつもりは無いよ」というそぶりを見せておいて、隣の車線の車が一瞬気を許した隙にさっと入る。
絞り込みなんかでは"がぶり寄り"のテクニックがないといつまでたっても前に行けない。
隣との隙間を5㎝くらいに詰め、尚且つ少し先行しつつ寄って行き鼻先を少しでもねじ込んだら一気に被せる。
こうして隣のレーンに移るのである。
同時にその時には2輪にも注意。
狭い隙間でもゴキブリのようにかいくぐってくる。
原付はもちろんのことリッターでも隙間を進んでくるので車線変更時は確実な後方確認を怠ってはいけない。
阪神高速では左から環状線に合流してきて(またはその逆)僅かな距離で一番右車線まで行かないといけないケースが多い。
渋滞時なんかは前出のがぶり寄りとノーズインを会得していないと永遠に環状線をぐるぐる回ることになる。
他府県ナンバーのそういう姿をよく見かける。
あと注意が必要なのは踏切。
悠長に一旦停止などしてるとクラクションならまだ良いが、へたすると追突される恐れあり。
それと市内の中央大通りの本町界隈は夕方になると4車線のうち3車線が駐車場になる。
繊維問屋が集まってるそのあたりは路線運送便の洪水。
積み下ろしのために3重は被せる。
真ん中を走ってた佐川急便がハザード出したと思ったらそのまま停車・・などごく普通の日常の光景。
だからといって脇道に逸れたら一方通行路の道の真ん中に止まって積み下ろしをしてる。
ここらでのハザードランプは黄門様の印籠の如く絶大な効果あり。


今日のひとコマ



コンビニ駐車場で待機してたらCB1300が登場。
なかなか洒落たナンバーの数字ですw
おっちゃんはBOSSのブラックのホットを買ってくると寒そうに飲んでました。
その後寒さのためかグローブを3回落とし、はめたと思ったらヘルメットのあご紐が締めにくいのでまた外し。
ようやく出撃準備が整ったけど前方に車。
もう跨ってしまってるので足や右手のフェンスを手がかりに下がろうとするも断念。
一旦下車してバックオーライ。
段取りの悪さが自分と相通じるトコがあり親しみを感じました。
静かに発信して駐車場出口では確実な安全確認をし車道に出て行きました。
ライディングフォームも綺麗だし、操縦も上手そう。
あなたはそのオートバイから降りてはいけません。
乗ってる限りはカッコいいんだから。

それを暖房の効いた暖か~い社内で見物してたワシw



20131227_220859.jpg

コンビニに置いてるカップスープで最近のお気に入りがこれ。
ファミリーマートオリジナルブランドでどこが製造してるか記載されてないけど、日航ホテル東京監修って書いてある。
有名メーカーの色んな商品もあるが、これが一番濃厚でウマイ!
ただしお値段も他の製品より4~50円割高。



ATC003.jpgATC 020ATC

ATCで雪道走ったら楽しいだろな~・・・の問いに答えて。
テラ楽しいっす。
ただ新雪なんかの雪深いとこは左のノーマルのバルーンタイヤじゃないと苦しい。

それとタイヤが3つあってもコケますw
僕らが子供の頃町中を走り回ってたマツダのオート三輪。
これはよくコケてました。
ダイハツミゼットもちょっと無理をすればコケます。
前出のオート三輪は無理をしなくてもコケます。
そして・・・
ATCも調子に乗ったらコケますw
河川敷の土の上で定円旋回して遊んでたら掻かれた土の下から岩盤が出てきて、それまでスライドしてたのが急にグリップ!
同時にサオ立ち~後方半回転ひねり無し

oh.jpg

一緒にいた友人は助けることより"おいしい絵"を優先して「カメラ、カメラ」と慌てて写してました。
この時に強打した尾てい骨は一週間以上痛みが残りました。




プロフィール

満太郎

Author:満太郎
オートバイやクルマの過去の想い出や最近のもろもろの出来事を綴った中年親父のグチブログです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。